FC2ブログ

小さな箱庭

今、色々とお勉強しています。
平日は結構やること多いので、週末に本を読み漁ってる感じ。

「ソルティノ ・レシオ」って、恥ずかしながら初めて知りました(笑)
20数年運用の世界にいて、お恥ずかしい限りですが…(^^;

「シャープ・レシオ」は運用の評価としては一般化されているし、当たり前のように使っていましたが、「ソルティノ・レシオ」はお初でした。
ホント色々とあるもんですね。

投資家の視点、運用成績の評価、色々と知っておかないといけないことが沢山。
PB(プライム・ブローカー&カストディアン)、弁護士、アドミニストレーター&トラスティ、監査法人、会計事務所…最近はそんな方々とばかり話していて、知らない単語もだいぶ減ってきたと思っていたんだけど…。
ただ辟易しているのが、みんな頭文字で縮めるんだよね。
初心者に向かって、略語連発はホント勘弁して欲しい…。
まだまだ勉強しないといけないことばかりです(^^;
でも最近は、そういった取り組みばっかりしているおかげでちょっと違う視点から「運用」を見ることができるようになってきた気がします。
これからはプロ中のプロを相手に仕事していくんだから、もっともっと自分をレベルアップしていかないといけない。

運用畑出身で、地場証券という小さな箱庭で育ってきた自分の世界の小ささを思い知る今日この頃。
日本という国は、そこだけ見ていても、それなりに食べていけるだけの経済力と市場規模を持っていて、語学の障壁もあるがゆえに、日本の中だけ見ていればいいという意識がすごく強い。
自分自身もその中の一人。
最近はアジアの他の国々の人や、欧米の方ともお話する機会も増えてきて、海外から見たときの日本と、日本人が見ている日本の差を思い知らされることも少なくない。
グローバル・マクロの運用ができる人材が極端に少ないのも日本の運用業界の特徴だと思う。
いい年こいたおっさんが足掻いたところで知れているけど、若い可能性を沢山もった人材を、もっともっと広い世界に早い時期から送り出していき、金融や運用を「世界」という視点から学び、経験を積ませる必要をすごく感じる。
税金の関係とか、人材の流出とか言って日本に閉じ込めようとせずにね。
幕末、明治新政府が若い人材を欧米諸国に学ばせに送り出し、そしてその人たちがその後の世を作っていったように。
ま、それでも結局自分たちは日本ローカルをベースに叩き上げてきた強みを活かして、そこから始めないといけないのだけれど。
自分が出来る役割は、裾野を広げて、その可能性を未来につないでいくことぐらいなのかな。

海外居住者になると、日本株の取引って原則としては個人ではほとんどできなくなる。
常任代理人ってやつが必要になって、ほとんどの証券会社が対応してくれないからなんだけど。
インタラクティブ・ブローカーズ証券とかの柔軟さとかすごいなと思う。
なんていうかある意味すごい割り切りw

日本国内から、個人投資家やディーラーが海外市場の株式や商品を扱えるようにするのもひと苦労。

投資信託はレオスさんとか、セゾンさんとかの頑張りもあって、個人投資家に広く認知され、一般化されてきたと思うけれど、ヘッジファンド投資ってのは「別世界」に感じる投資家がほとんどだと思う。ごく一部の富裕層を除いて。

基本的にはロングオンリーが主体でヘッジもレバレッジもかけない投資信託(一部を除く)。
主としては、βリスクを抑制し、ヘッジもレバレッジも前提として、絶対リターンを追及するヘッジファンド。

その違いもちゃんと理解されていない人が沢山いると思う。
「ヘッジファンド」と聞けば、投機的な売買で市場を大きく振り回している存在、という印象しか持たれていないんじゃないかな。
これはメディアの問題も相当あると思うけど…。

海外で仕事して一年。
8年前にシンガポールで仕事をしていたときは、いち運用者(ファンドマネージャー)として来ていた。
今は違う立ち位置で、様々な人とビジネスをしている。

その立場に立ってみて改めて、色んな意味で日本という国・市場の閉鎖性を感じる。
にもかかわらず、海外投資家の売買(売買代金としてはHFTが主だけど)が圧倒的シェアを誇っている取引所の現状ってなんか…ねぇ(^^;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR