FC2ブログ

【トレード】向き合うべきもの③

アップしたつもりが一つ抜けてたらしいので…(^_^;)

朝、眼が覚めるとすぐにPCに向かった。
米国市場をチェックするためだ。
目を疑った。
思わず二度三度とリロードを押したぐらいだ。

NYダウは前日比マイナス。
CMEの日経平均は?
ADRは?
全て慌ててチェックする。
見るも無残な有様だった。
大きく負けることは間違いなかった。
多分、▲2000万円は超えるだろう…。
会社に向かう電車の中で、これから死地に赴くかのような絶望的な気持ちでいた。

8時の注文受付開始からチェックしていく。
みるみるうちに売り注文が増えていく。
仕方ない。
銀行株は半分だけ成り行きで売り注文を出した。
あとは寄り付いてから判断するつもりだった。

ところが…
覚悟していた以上に売りが増えていく。
9時。
売り気配のまま自分が持っている銘柄は全て下げていく。
どんどん気持ちは追い込まれていった。
まず先物が寄り付いた。
そこで先物も投げる。
でも銀行株だけは一向に寄り付く気配がない。
焦りはどんどん強くなる。
半ばパニックだったのかもしれない。
コントロールしようがない状態のまま追い込まれていく自分。
苦し紛れに寄り付いていた先物を100枚売る。
多少、オーバーヘッジ気味だったと思う。
しかし、銀行株はまだ下げていくのに、先物はあまり下がってはくれない。
嫌な雰囲気だった。
ようやく銀行株が寄り付きそうになったとき、先物を買い戻さなければと思いながらも、ヘッジで売ったはずの先物がほとんど下がっていなかったために躊躇した。
そして銀行株が寄り付く。
その瞬間だった。
先物が一気に80円も値を戻した。
100枚売っていたから、それだけで800万円のヤラレだ。
銀行株の残り半分をどうこうなんて考えられる状態ではなかった。
全てを決済したときには月間損失額は▲3400万円近くにまで達していた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR