FC2ブログ

【マーケット】たまには相場について(笑)

おはようございます。


トランプラリーが続いていますね。

個人的にはもう少し振い落とし入れてからかなと思いましたが、上げ幅考えたら調整にも入らないような下げで切り返して高値へ。


まぁそれだけ需給環境がいいってことなんでしょう。

裁定残も信用買い残も低水準。

加えて日銀のETF買いもある。

トランプラリーは前日に千円も下げてからの急激な切り返し。市場参加者のほとんどはここまでの切り返しは想定外だったはず。つまり売ってしまっていた人、買い遅れた人、その後の市場の想定外の動きに対応が遅れた人…沢山いるはず。特に国内外の機関投資家、ヘッジファンドなど大きな資金を動かすところほどポートフォリオの調整や対応に苦労しているはず。


確かにトランプ大統領になって、どれだけ経済が活性化するかはまだ不透明だし、彼が主張していることはアメリカ第一主義であり、日本がどこまでそのメリットを享受出来るかもよく分からない。そんな中で上げ続ける相場。


違和感感じるところがなくはないですが、相場は『期待』で上がっている時が一番強い。ある意味『理想買い』の局面なんでしょう。

今回の調整ももう少し(18000円割れを試すぐらいまでは)あるかな?と思っていたけれど、この程度で切り返してくるあたり、自分が思っている以上に需給がいいのでしょうね。


調整が本格化するのは、恐らく一月に入り、オバマ大統領からトランプ大統領へとバトンタッチされてから。『期待』や『理想』が現実に変わってからなのかもしれません。もしくはこのラリーが熱狂へと変わってからかな…。


恐るべしトランプラリー…(^_^;)


ただ今回のラリー。

日本の政治や経済がどうという理由で起きているわけではないことは頭の片隅に入れておいた方がいいかもしれません。トランプ大統領になり、安倍首相が経済活性化の柱に据えていたTPPは風前の灯火となった。今回のラリーで生じた急激な円安は輸出企業や海外売上高の多い企業にとっては円ベースでの利益増大にはつながる。でもそこまでです。

それはこれまで続いてきた外需依存の延長に過ぎない。少子高齢化、人口減に直面している日本。本当に長期的な展望に立ったとき、このラリーはどんな風にチャートに足跡を残すことになるのでしょう?


ま、何にしたって強いものは強い。

短気勝負でやるなら乗っておかないとね(^ ^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR