FC2ブログ

【マーケット】ハロウィン・バズーカ、国会解散…うーん

なんか違和感があるこの相場。
正直、「やりすぎ」に思える日銀の金融緩和。
政治の停滞。
消費税引き上げ先延ばし→景気悪化回避(財務体質改善の遅れ)
日銀が買って、年金が買う。
GPIFの株式比率は日本株比率ばかりがクローズアップされるが、海外株も加えると50%を超える。
すでに半分を超える金額を株で運用すると言っているのだ。
日銀の黒田バズーカもこのまま資産膨張を続ければ一年ほどで日本のGDPの7~8割近くに達してしまう。
年金や日銀の限界が見えたとき、恐らく市場は暴走し、それを止められる人はいなくなるだろう。
世界3位の経済規模の国が混乱をきたしたとき、世界経済に与える影響は計り知れない。
デフレは苦しかったが、新興国の台頭、安い労働力がそこにはあり、そこで安く生産されたものが流入してくれば自ずと物価は下落バイアスを受ける。そして雇用が新興国に流れた分、日本の産業は空洞化し、製造業においての雇用は悪化する。
本来、解決しなければならないのは製造業、サービス業、金融業…様々なビジネスが日本で行われるようにし、資本の日本への回帰、活性化、雇用の拡大を実現して、この国をビジネスの場として国際競争力を高めるこだ。
この国の病巣を取り除き根治させるのは「政治」でなければ出来ない。
日銀が国の借金肩代わりして(国債購入)、株買って(ETF購入)、不動産買って(REIT購入)、年金にまで株買わせて…そういったやり方で、株価を押し上げる、行き過ぎた円高を是正させるというのは対症療法としては理解できる。しかし、それだけでは薬漬けにして表面的な改善を示しているだけ。確かにそれによって一部動き出すものもあるだろうが、それは高熱の患者に解熱剤を投与して食事を取れるように体力を回復させているだけだ。
根本的な病巣を改善させない限り、病気は治らない。薬の投与を止めればあっという間に悪化し、薬の効き目も悪くなる。そして今回のハロウィン・バズーカは明らかに過剰投与だと思う。それにより過度な円安などの副作用を招き、結果として国民の暮らしは悪化しかねない。
日銀や年金などにリスク資産を買わせることでこの国が良くなると思うなら大きな間違いだ。
政治がやるべきことをやり、国際競争力の回復をしっかりと推し進めることが出来ていなければ、いつか日銀の信認が揺らぎ始める。
そのとき市場はコントロール不能に陥るだろう。
それは何年も先かもしれないし、そう遠くない未来かもしれない。
そうならないためには政治が機能することが何よりも重要だと思う。
このところ聞こえてくるのは、うちわだ観劇会だのという足の引っ張り合いから、消費税の話ばかり。法人税はどうなった?規制緩和とか第三の矢は?
そしてこの年末押し迫った中での解散話。
政治家は大騒ぎする。
選挙で負ければただの人だから。
でもあなたが政治家でいられるかどうかよりも、この国の未来を真剣に憂い、良くしていくためにこそ懸命であって欲しいと思う。
短命観測くすぶる第2次アベノミクス円安 http://s.nikkei.com/1GTBcz4

コメントの投稿

非公開コメント

一般人が出来る現実的な資産防衛策

一般人はどうすれば?一部の資産運用コンサルタントは、株を持つことも持たないことも自己責任と主張されます。一方、専門家でも意見が分かれる状況を自己責任と言われても、困ってしまうのが、一般人の知識レベルなのでは想像しています。

年金まで株式運用されている現状を考えると、個人は何もしない方がリスクが少なく感じますが、次回のブログ更新時にアドバイス頂けると大変ありがたいです。
よろしくお願いします。m(_ _)m

Re:一般人が出来る現実的な資産防衛策

>システムコンサルティングのプレイングマネージャーさん

「何もしない」こともリスクです。
日銀のしていることはある意味「円の切り下げ(価値を押し下げる」行動です。
つまり同じ一万円でも価値が下がることで対外通貨に対しては「円安」になり、モノの価値に比べて「円」の価値が下がることで物価が上がります。
つまり金利などほとんどつかないような預金をしている方が実質的には資産価値の減少リスクを負うことにつながります。

インフレヘッジという意味では株や不動産といったインフレに強い資産にもある程度は振り向けておくべきでしょう。

少なくとも国策でここまで極端なインフレ政策をとっている以上は「何かをするべき」でしょうね。

でも大きな視点、長期的な視点に立てば、この政策がとても大きなリスクを内包しており、失敗は許されない大きな賭けであることもまた事実です。
どこまで日銀がマーケットをコントロールしきれるのか?
年金が買い上がった後に上値を買ってくれる投資家はいるのか?
この相場が終わった時に何が起こるのか?
そういったリスクは考えておくべきでしょう。

円の暴落が起きた時、日本人は本当に幸せなのか?

最近、日銀の行き過ぎたやり方、それについていけていない政治を見ていると、株が上がることにふと懸念も感じてしまうのです。

Re:Re:一般人が出来る現実的な資産防衛策

>しがないディーラーさん

ありがとうございます。

一般人の資産防衛策として株を買うことが正しいと仮定した場合、資産のどれぐらいをどの株に振り向けるのか、合理的な判断を下す基準を考え、納得するには相当難易度が高いです。

しかも、個人が将来あてにしている年金まで株式に振り向けられているわけですから、個人のアセットアロケーション(ここでは、自己資産と年金と定義)も自分がコントロールできないところで変わっていると言えるわけです。

株を買わないことのリスクは承知しています。しかし、リスクは株を買うことと買わないことを定量化して比較した上で、リスクを低い方を選択したいというのが殆どの一般人の考え方でしょう。

そこで、一般人が現在知り得る情報の中で、株を買うことと買わないことを定量化し判断を下すにはどうしたらよいでしょうか?また、ディーラーさんが考える定量化されたリスクはどのくらいなのでしょうか?

私は、株式はプロの人でも損する人が一杯いて一般人が手を出すとしても、ETFが精一杯かな~と考えています。日本円の価値が下がり、暴落するリスクを考えると外貨を準備すべきかな、と漠然に感じています。しかし、外貨を準備するとして、どの通貨をどの程度買うべきか、定量的に判断する方法が分かりません・・・
プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR