FC2ブログ

【ビジネス】後輩達へのメッセージ

『薩摩の教え』なるものをFacebookで見て思うことがあったので久し振りに…。




自分が今の仕事について19年になろうとしている。

決して平坦な道のりではなかった。

どちらかと言えば落ちこぼれだった学生時代。

就職してすぐにディーラーという職種に就き、いっぱいいっぱいながらも必死に努力した。

そしてある程度の成果を得られた。




しかし、その成果を得てからの自分しか知らない人達の中はそういった一面しか見てくれない人もいる。




『〇〇さんはすごい。』

『〇〇さんだから出来るんだよなぁ。』




最初からすごい人なんていないから…(-_-;)

出来ることならどうやってそんな風になっていったのかを知ってほしいと思う。

そこにこそ自分の本質があるはずだから。

それもあって後輩達へのメッセージとして、ブログで『回想録』を書いたのかもしれない。




そして中にはやっかむ人もいた。

特にまだ若手の成長株と言われていた頃はずいぶん嫌な思いもしてきた。

足を引っ張られたり、正しいと信じて進もうとした道をただ無意味に邪魔されたり。





初めから成功している人なんていない。

そして成功を約束されている人もいない。


成功を望むのなら挑戦し続けなければいけない。

そして挑戦し続けるために努力し続けなければならない。




『自分にはどうせ無理だから。』




と始めから自分自身を諦めてしまう人には絶対に成功は訪れない。

そして自分自身を過信して驕り高ぶる人にも訪れないだろう。


自分に厳しく、そして努力し続けられる人だけがそのチャンスを得られる。


自分は天才でもなければ、すごい幸運の持ち主でもない。


ディーラーとして何度も苦境に立ったし、そしてその度に自分の何が悪かったのかを見つめ自分を変える努力をしてきた。傍目には駆け足だったかもしれないけど、自分なりには一歩ずつ階段を上っていった。何度も転びながら…。


落ちこぼれの自分が金融工学の知識を最低限でもモノにして、プログラムまで書きこなし、運用においてもそれなりの成功が出来たのは『努力』なしにはありえなかった。




若手の頃の自分を知る先輩たちは自分がくそ真面目に仕事や勉強していたことを知っている人が多い。

くそ真面目でつまらない後輩だったと思う…(^^ゞ

それでもそんな自分を見ていてくれてチャンスを与えてくれた。

それも『努力』し続けていたからだと思う。




最近、仲良くなった業界の後輩達。

こんな市場環境にも関わらず勝負している連中が多い。

彼らのうち何人かは必ず大きな成功を手にするだろう。

そして仲間同士で刺激を与え合い、より成長することを貪欲に追い続けている。

そんな彼らを自分は見守り、応援したいと思う。

自分の先輩たちがそうしてくれたように。





37歳ぐらいの頃にプレーヤーとしては自分自身がある部分で満足してしまった。

目標を見失っていた時期が2年ぐらいある。

そのあと様々な挑戦をしながら、自分が進むべき目標を探し続けていた気がする。

それは傍目には迷っているだけに見えたかもしれない。

自分自身もがき苦しんでいたから。

でもその中でようやく自分が何をしたいのか、そして何をすべきなのかを見つけることが出来た。

新しい目標はあまりにも大きくて自分一人じゃ実現できない。

それでも挑戦し続けたいと思う。

今の自分には多くの仲間、友人、理解者がいてくれるから。

自分が諦めるのはそのみんなが諦めた後でいいと思っている。





『薩摩の教え』にあるように

ただ自分は動かず、努力もせずに会社の批判や他人の足を引っ張る人は論外。




そして自分にはどうせ無理だからと初めから自分の限界を決めてしまう人にも成功は訪れない。

もしその人が平凡でも不満を言わず、幸せと感じられるのならそれはそれで素晴らしいことだと思うけど。




挑戦し、努力し続けることは必ずその人を高めてくれる。

最初からすごい人なんていない。

もし今出会ったその人がすごいと感じられる人なら、きっとその人はとても多くの努力と挑戦をし続けた人なのだと思う。そしていっぱい挫折も苦しさも経験した人なのかもしれない。

失敗したとしても恥じることはない。

挑戦の過程できっととても大きなものを得られているはずだから。

挫折の苦しさや痛みにそれが見えなくなるときもあるけど、その痛みを乗り越えた時にきっとそれに気づくだろう。


そして努力し続け、挑戦しなければ成功は生まれないのだから。




ディーラーとして苦しむときがあってもいい。

それを乗り越えたとき、一回りも二回りもデカくなれるから。

それは挑戦し続けているからこそ得られる苦しさでもある。


ただ焦らないこと、そして自分自身の失敗をしっかりと振り返り、何が悪かったのか、なぜそうなってしまったのかを自分に厳しく見つめ直すこと。

そしてその失敗を無駄にせず、次の成功につなげていければいい。


メンタルが追い込まれているとき、自分を客観視することはとても難しい。

でも自分の中の焦りとか苛立ちとかをそのままにただぶつかれば再起不能になる危険もあるのがこの仕事。

苦しいときほど自分を厳しく見つめ直して欲しい。

そして必ず乗り越えて成長して欲しい。




例え今苦しんでいるとしても、オレは先輩として挑戦しているみんなを誇らしく感じているから。




『頑張れよ!』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR