FC2ブログ

【日常】SNSについて

最近、急速にFACEBOOKでのつながりが増えてきた。
ようやく始めました…という人が多いが、本名ベースでやれるせいか、結構年配の方や、堅いお仕事の方、エライお立場の方も入ってる。

取引所の方や金融庁の方、もちろんプライベートでの友人なんかもいるのだが、『今何してる?』のニュアンスがちと難しい(^^ゞ 飲み仲間や友人たち、若手ディーラーに向けてつぶやきたいことと、そういった方々向けにつぶやきたいことはだいぶ内容が違うから…。
ま、そういった自分もいることを知ってもらってもいいかな、と割り切ってはいるのだけれど…。

ただ本人が分かるというのはかなり助かる。
Twitterとかはアカウント名は分かるけど、本人とのひも付けが難しくて、親しいメンバーは分かっていても、この人誰だっけ?なんて状態になることもしばしば。

シャープ製のAndoroid携帯を使っていた時はそれでも連絡先にTwitterアカウントを登録しておけたからまだ管理出来ていたけど、一番困るのはフォローリクエストもらっても、メッセージ付きでリクエストが来ないから誰だかわからないこと。アカウント名から誰々だろうな?でOKするしかない。

かといってフリーで見れるアカウントは既に700名弱のフォロワーがいて、誰がみてるか全然分からないから、何でもかんでもつぶやけない。特に証券ディーラーという仕事柄、ウカツにつぶやくのは危険だし。

ブログの方もmixiは知人限定にしている。
結構、日常ネタや色んなことを書いているから。
ここ最近の改変は大不評だが、見せる相手を選択できる便利さは大きい。
写真をアップしても、見せたい人にだけしか見れないように出来るしね。
いっぱい撮った写真を渡すのには一番便利。
ただ名前表示すんのはいいけど、明らかに偽名というか無茶な名前でも登録出来ているわけで…FACEBOOKのように本名になっていない時点であまり意味がないような気もしますけど…(^^ゞ

アメブロはメンテ中が多いし、いつの間にやら200人近いアメンバーになっていて、限定記事にはしているものの、知らないうちに色々とみられていることが多いようなので、あまり日常ネタとか、突っ込んだネタはアップ出来ない。

知らない人から、『いつもブログ拝見しています。』と言われることが増えてきた最近。
自分がブログを始めた理由は、
ファンド時代の同僚に著名ブロガーの方がいて、色々と煽っていただいたのと(^^ゞ
若手の後輩達に伝えていきたいことがあったから…。
自分の若手の頃の苦労や、失敗や挫折、そしてそれを乗り越えてきた道筋とか。
今は直接の部下や後輩たちもいて、それぞれがとても大切な存在。彼らには直接伝えてやれるけど、業界の後輩にはこういったSNSや飲みにいったときぐらいしか伝えてやれない(飲んだらきっとそんな話はしないけど…)。
だからブログを始めた。

mixiはちょっとした日常も含めて、結構見てる人が分かっているから気楽に書ける。
昔の友人や、物理的に離れた友人たちと交流できるSNSはとてもいいと思う。ただそれは本人が分かっているものに限るけど。

アメブロは誰が見てるか分からないから、仕事関係でこれはいいかな、と思えるネタをコピペしてる。

ちなみにLinkedinも使っているけど、特に何も更新しておらず、定期的に知り合いが増えていくだけ…外国人比率が高い(^^ゞ


ま、何が言いたいかというと…。

ブログを楽しみにしてくれていると言ってくれる人もいるので、退会とかはしないと思うけど。やっぱり自分はブロガーではないし、全部限定記事にしている時点で、アクセス数を増やしたいわけでもない。Twitterでもメインはブロックしているアカウント。つまりフォロワー増やしたいわけでもない。でもネットから広がったリアルの交流もとっても意味があったから、それはそれで大事にしようと思う。

賛否両論あるだろうけど、最終的には本人が分かるSNSだけを使っていくことを自分は選ぶのかな。

そんな気が最近ちょっとしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR