FC2ブログ

【トレード】相場の事前準備

<p>先週末、朝のミーティングのやり方を変えようとみんなに提案した。<br />これまで毎朝、全員が今日の相場見通しを話すという形でやっていて、自分も入社してしばらくは様子をみながら、それでもいいかな?とちょっと思っていたのだが…。</p><br /><p>各自がQUICKや日経新聞や証券紙という同じ情報ソースを見て、そこから導き出される見通しはどこかで読んだと感じるものも多いし、同じようなコメントが多く、ちょっと間延びした感があった(中には話長ぇよ…というのもチラホラあって(^^ゞ)。</p><br /><p>だからみんなが話している間は耳では聞いているものの、端末叩いて色々と見ながら聞いていることが多かった。</p><br /><p>寄り前という貴重な時間。<br />注文の入り方を観察するだけで、時として寄り前後の商いでのポイントが見つかる場合もある。<br />そういった時間にミーティングをやるなら、もう少し効率的に出来ないかな、と思っていた。</p><br /><p>先日のGDP。<br />発表されたときに俺が声を上げたが、事前に頭に入っていなかったヤツがいたっぽい。<br />確かに、経済統計で大きくブレることは少なくなったし(機械受注の時間が変わってから)、あまり気にしてもしゃあないかもしれない。</p><br /><p>ただ中長期的に見た場合、経済指標の推移は軽視するべきではない(ファンダメンタルズ・ベースの運用を目指すときには必須)。<br />そして米国市場などは経済指標で乱高下することもしょっちゅうだ。<br />日本のGDPですら、しっかりチェックできていないのだから、寝ている(もしくは飲んでいる)時間帯の米国経済指標なんて気にもしていないかもしれない…。<br />今後、オーバーナイトでポジション・トレードする場合には、これらも頭に入っている必要がある。</p><br /><p>マーケットでリスクを取っている以上、相場に影響を及ぼす可能性のある情報は頭に叩き込んでおく。<br />面倒くさくても事前に調べられるものは調べておく。</p><br /><p>ということで、朝はテーマを絞って何人かに報告させることにした。<br />相場見通し的なものは誰かがまとめて話して、最後に総括、漏れがないかの確認して終わり。</p><br /><p>テーマは<br />・欧米市場の動向およびチェックポイント<br />・経済指標およびイベント(重要な会議や会見など)<br />・新聞チェック</p><p>これらを毎朝誰かがみんなの前で話す。<br />当然、全員チェック出来ていて当たり前。<br />だから俺がその日その日で指名する。<br />いつ当てられるか分からないからちゃんとやらざるをえない。<br />そうでもしないと習慣づけることはできないから。</p><br /><p>でもね、ダメ出しする以上、俺自身は毎朝当然のようにやっている作業なんだよね(^^ゞ</p><br /><p>例えば、週末の米国株。<br />ただ下げたではなく、どう下げたのかを気にしているか?<br />原油価格の動き。終わってみたらプラスだが、場中はどう動いたか?<br />ザッと見ただけでも頭に叩き込んでおく必要があるのは下記のこと。</p><br /><p>・ドイツ連銀総裁バイトマン氏が『ギリシャが債務期限延長を行った場合、ギリシャ債はECBリファイナンスオペの担保として不適格になる』と発言。同債については自主的な債務再編であってもデフォルトとしてみなすとしてフィッチが格付けを引き下げ(BB+→B+、見通しもウォッチネガティブに)。ギリシャを中心にCDSが軒並み上昇(CDSはどういった水準にあるのか?そして欧州株の動向に警戒が必要。DAX指数などがどういう位置にあるのか確認できているだろうか?)。</p><br /><p>・米国株式ではギャップが急落(▲17%)。要因は綿価格(原材料高)の上昇や中国の人件費上昇で20年ぶりのコスト上昇にさらされている。ユニット当りの製造コストは20%上昇し、製品の値上げペースを上回るとの見通しを示した。他にも衣料小売りのエアロポスタルが1株利益見通しを16セント(アナリスト予想は27セント)。(日本ではFリテにどう影響を及ぼすか?もし影響が出た場合は指数寄与度も高いから注意が必要)</p><br /><p>・米国株では金融株の下落が目立つ。<br /></p><p>・原油は22時過ぎ(日本時間)から一時急落、一時間弱の間に96ドルまで突っ込んだ後、急反発1時過ぎにはプラスを回復し、1.18%高で取引終了。相変わらず不安定な動きを続けている(ただプラスだからと引けだけ見ていたらその不安定さには気づけない)。</p><br /><p>・株価も原油価格の乱高下に合わせるかのように寄り付き後に大幅下落、そして反発を示したものの、こちらは高値圏を維持できずに引けにかけて再度売られる展開に。CME日経平均先物も安値近辺で取引を終える。</p><br /><br /><p>経済指標やイベントも頭に入れておく必要がある。</p><br /><p>今週、注目点は一応サミットになるのかな。<br />特に株価に直結した材料は出なさそうだが、そういった重要イベントが控えているときは、あまり大きくポジションを動かしてくる可能性は少なくなる。ボラティリティの低迷が続く可能性も(稼ぎづらい相場が続くのかぁ…)。</p><br /><p>国内経済指標<br />23日 景気一致CI指数(前103.6)、景気先行CI指数(99.5)、全国スーパー売上高(0.3%)<br />25日 4月貿易収支(前196.5B、予▲703.7B)、同季節調整済(前96.3B、予▲695.9B)<br />26日 対外・対内証券投資<br />27日 東京・全国CPI(全前0.0%、予0.3%(前年同月比))、小売店販売</p><p>26日~27日 ドービルでG8サミット<br />28日 ブリュッセルで日・EU首脳会議</p><br /><p>米国経済指標<br />24日 新築住宅販売件数(300K→300K)、前月比(前11.1%、予0.0%)<br />25日 4月耐久財受注(前2.5%、予▲2.5%)、貿易収支(前1445M→予1000M)、経常収支(前3626M、予1450M)<br />26日 1-3月実質GDP改定値(前1.8%→予2.2%)、新規失業保険申請者件数(前409K、予400K)<br />27日 4月中古住宅販売成約、4月個人所得、4月個人支出</p><p><br />と、自分はほとんど毎朝、自宅でこれらのことをチェックし、新聞も一通り目を通して会社に来る(電子版に切り替えてから、ちょっと細かいところを見落としがちになっているんで、朝刊だけでも紙ベースに戻そうかと思ってる)。</p><p>だから『朝起きるの早いね』といつも言われる(^^ゞ</p><br /><p>その程度の準備もせずに、朝会社にきてから端末で記者の相場見通し読んで、自分の相場観組み立てている時点でいつまでも素人から抜けられない。<br />運用のプロとして、市況、材料、ニュースなどから自分自身の目でみて組み立てていく力がなければいけない。ザラ場中に判断するのは自分なのだから。</p><br /><p>厳しい言い方になるけど、記者(解説者)のコメントみて相場決めてる時点で運用者としてはプロとは言えない。少なくともその記者以上の目を持つことはできないし、判断も遅れる。</p><br /><p>プロである以上、自分の目で見て考える。<br />記者も含めて他人の意見も聞いていい。<br />そこに『なるほど』と思えるところがあれば修正してもいい。<br />ただ自分で考える努力を怠って、他人の意見で相場決めている時点で話にならない。</p><br /><p>記者にも後輩が何人もいる。<br />彼らも努力はしているが、正直まだまだなヤツもいる。<br />こいつはいい目持ってるな、いい記事書くなというヤツもいる。<br />彼らは彼らなりに、多くの人の目にさらされているから必死だ。</p><br /><p>それでも運用の現場で戦っているのは俺たちディーラー(トレーダー)なんだよ。<br />実際にそこで損をしたり、利益を上げたりしているのは俺たち。<br />戦場で戦っている自分たちが、従軍記者のコメント見ながら戦いを考えるなんてことはおかしな話だ。<br />誰よりも必死に考えて、生き抜く努力をして当たり前。</p><br /><p>相場を張ってりゃ楽しいかもしれない。ちょっとしたゲーム感覚だ。<br />しかし、ここはお遊びの場じゃなく戦場。<br />損をすれば会社や投資家が傷つく。<br />給料もらって、損出して会社に迷惑かけてりゃ世話がない。</p><p>俺たちが勝ち続けられないと、会社や投資家がいずれはディーリング業務を諦めて撤退することになる。すでにそういう会社が出ているし、知っているだけでも予備軍はいっぱいある。</p><br /><p>個人でプラスは当たり前。<br />それすら出来ていないなら、相場が難しいなんて甘えたことは言わずに死にも狂いで勝つための努力をしなければならない。<br />そのうえで負けたら潔く去るだけ。</p><br /><p>出来るならもう一点、ディーリング部として、組織として黒字が出ているかどうかぐらいはみんなも知っていて欲しい。<br />実際には自分の範囲で勝つことしかできないけど、組織が負ければそこで終わりなんだから。そういったことを意識できるようになると、また違った目線でこの仕事が見えてくると思う。</p><br /><p>勝つために必死で頑張って負けることもある。<br />でも最低限の努力すらしないで、楽して相場やって生き残ろうなんて甘い話。<br />人の何倍も努力したヤツだけが10年20年生き残り続けられる。<br />伝説のS氏もシンガポールのUも、知り合いの一流プレーヤーたちもみんな誰よりも努力をしていた。</p><br /><p>今の部下たちにも、『経験の差』『知識の差』があるから○○さんは出来る…なんて逃げはして欲しくない。少なくとも現在の俺より努力しないで、経験も知識もないアイツらが俺に追いつくことなんて出来はしない。</p><br /><p>先日のブログで、『ディーラーはレベルが低い』とメディアの相場解説者に言われたと書いた。残念ながら、否定できないんだよね…。<br />だから面倒くさくても、自分で調べる、考える…それが当たり前なんだということをみんなに身に付けて欲しいと思う。</p><br /><p>これからは少しずつ厳しくやっていかないといけないかもしれない。<br />難しい相場はこれからも続く。その中でアイツらを守ってやるのは、彼ら自身の結果でしかない。要するに難しい中でも結果が出せるように彼らを成長させることでしか守ってやれない。</p><br /><p>ついてきてくれるといいんだけど…。</p>

コメントの投稿

非公開コメント

無題

こんにちは。
画期的で即効性のある劇薬なんてのは幻想で、地道で地の滲むような努力でこそブレイクスルーが可能なんですね。
ついつい劇薬を求めがちな甘い自分に喝を入れ、心に刻みます。

Re:無題

>minus2sigmaさん
ディーラーほど地道な仕事はない。自分の持論です。地道な努力を怠らず、自分に厳しくなれた者だけが生き残り、そして一流と呼ばれるプレーヤーにもなれる。でも努力がこれほど報われる仕事もないのですから、やりがいはあるはず。お互いに頑張りましょう!

Re:Re:無題

>しがないディーラーさん

頑張ります!
プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR