FC2ブログ

【回想録】新人の頃⑤~そして転職へ

異動先は『営業情報室』。

支店向けに情報を集めたり、分析したりして、営業支援を行う部署だった。



決してつまらない仕事ではなかった。

頼りにしてくれる営業の方も出来て、それなりにやりがいも感じていた。



ただディーラーに戻りたいという思いはいつまでも強くあり、そしてそれは日に日に強くなっていった。



すごくストレスを抱えていたし、グチも多かったと思う。

でも必死に耐えて、そして懸命に仕事をした。

しかし、厳しいながらもチーフの下で頑張っていたときとは気持ちが全く違っていた。



その時期のことは正直あまり思い出したくない。

腹立たしいことがあまりにも多かったから。

いい仕事をしようとしても、その上司は『適当にやっておけばいいんだ。』という。



出世を目指していた人だった。

確かに政治的な手腕や口がうまい人だった。

しかし、地道に何かを作り上げるとか、根気よく続けるということはほとんどなかった。



さらにその会社は異動の直後に合併したため、部署の中でも駆け引きが多く、上同士の思惑に振り回された。



そんな中だったけど、その時期に得たものがなかったわけではない。

他社の方々との交流。

IPO(新規公開)を中心に情報を集める部門にいたため、他社の情報担当者の方々と知り合いになれた。

そして、そういった方々は業界のネットワークを広く持っている方が多かった。

今でも気にかけてくれている先輩方だ。

そして、そういった人たちとの交流が、マーケットフォーラムにつながっていく礎にもなっている。



毎日が長かった。

勤務時間は明らかに短くなっているはずなのに、一日を長く感じた。

早く終わってほしい。



その部署はディーリング部の隣にあった。

ディーラーの先輩たちが相場の話をしているのを横目で見ながら、悔しくてしょうがなかった。



この時期は、公私に渡ってストレスを抱えていて、正直なところ少し自暴自棄になっていたかもしれない。



何度、ディーラーに戻して欲しいとお願いしてもダメだった。

そして元のチーフが戻してやってくれと要望をあげてくれてもダメだった。



もう戻れないのかな…。

半ば諦めに近い気持ちになりかけていたとき…。

元のチーフが声をかけてくれた。



チーフ:『この会社ではディーラーには戻してやれそうにない。お前、転職する気はあるか?』

オレ:『はい!』



そして以前、自分にPCを教えてくれた方と面談を兼ねたランチをし、そのまま退職願を出した。そこから話は昨年書いた【回想録】へとつながっていく。



そのチーフはオレにとってはこの業界での兄貴だ。

あの人がいなければ、今のオレはなかったのだから…。

そしてオレを育ててくれたのもあの人だ。

そのあとも色んなことがあった。

兄貴と決別せざるをえなかった時期もある。

でも感謝の気持ちを忘れたことはない。





オレはいっぱい遠回りをしてきた。

色んな人に助けられてきた。

そして自分の意思とは関係なく、人や会社、業界の荒波の中でいっぱい傷ついたり、振り回されたりもしてきた。

最初から、順風満帆でここまで来たわけではない。



だからこそ若いディーラーたちに道を切り開いてやりたいと思う。

マーケットフォーラムもその一つだし、仕事において人材育成をやりたいと思うのもそういったことなのだろう。



ディーラーって簡単な仕事じゃない。

勝負の世界で勝ち続けなければならないのだから。

自分が若い世代のディーラーたちに何を伝え、何を残してやれるのか?

兄貴が自分に与えてくれたように。

いつもどこかで自問自答しながらこの10年ぐらいを生きてきた気がする。

まだ答えは見つからないけど、ずっとそれを追い続けながら、これからも前向きに頑張っていきたい。

そして自分の後輩たちの成長を見守り、応援してやりたいと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR