FC2ブログ

【回想録】就職活動②

証券会社に内定をもらった。

当時、一部上場では一番規模が小さかったが、それでも一部上場の証券会社に…。

こんな落ちこぼれのオレが…。



正直、嬉しかった『なんで?』ってどこかで感じるほど就職活動はスムーズだった。

あとで人事の人が言っていたのは面談での印象がとても良かったそうだ。

今はどちらかといえば、採用する側に回ってみて、確かに履歴書は参考程度にしか見ていない。

話をして、発する言葉や姿勢、性格的なものを少しでも把握しようとしている。

そういった意味ではオレの散々な成績はあまり見ないでくれたようで…(^^ゞ



ただそこから周囲に勘違いされる人生が始まった…。



OBとしてこう言っちゃ申し訳ないが、大学としては五流大学。

一部上場企業に就職決まるヤツは少ないらしい。



自分を導いてくれた室長さんもすごく喜んでくれて、3年生の前で就職の体験談を語らされたり…。

落ちこぼれだったはずのオレなのに…ね(^^ゞ



でもその辺りから本格的に証券の勉強を始めた。

片っぱしから証券関係の本を読み漁り、スワップの本なんかもよく分かんないまま買って読んでたな。とても理解できていたとはいえないけど…(笑)



四季報も『読んだ』。

ただ見るのではなく、企業を知ろうと読み方を勉強しながら、色々と調べた。



そんな中で内定者対象に人事部が『株式投資コンテスト』を開催した。

各自5銘柄ずつ銘柄を選び、月間パフォーマンスを競いましょう、というものだ。



自分なりに一生懸命勉強の成果を出そうと考えて銘柄を選び、その理由を書いた。

2回開催されて、一回目はまぁまあ、二回目はダメダメ。

ま、大した結果は残せませんでした…。





そして迎えた入社式の日。



同期は100名以上いた。

そのうち総合職は11名。



そして一人一人名前と配属先を呼ばれる。



『○○○○、○○支店』



ってな感じで。



でもね、いつまで経ってもオレ呼ばれない…。



『あれ?オレ実は内定決まってなかった?そうだ。こんな落ちこぼれがそんな簡単にいったのがおかしい。』



と、結構マジでそんな考えが頭をよぎった。

オレ以外が全員呼ばれた。

そして最後の最後に…ようやく名前が呼ばれた。



『○○○○。東京本部、株式部先物・オプション課』



周囲にどよめきが起こる。

みんなほとんど支店や事務。

商品部系の部署に配属されたのは自分以外では女性で一人いただけ。

そして先物・オプション(デリバティブ)を扱う部署に新卒でいきなり配属。



周囲のどよめき以上に自分が一番ビックリしていた…。



『はい。』



と答えながら、頭の中では…



『なんで、なんで、なんで…。』



人事部の方との面談で自分はこう言っていた。



人事の方:『希望はありますか?』

オレ:『まずは営業でしっかり勉強させていただきながら決めていきたいと思います。』



ディーラーなら希望していたヤツは他にも何人かいた。

そいつらの方が絶対成績はいいはず。

しかもオレはみんなより年食ってるし…。



転職を決めたとき、人事の方がその理由を教えてくれた。

株式投資コンテストで書いた銘柄選別の理由。

一生懸命勉強して、ファンダメンタルズ、テクニカル、いくつかの視点を整理したうえで分析し、コメントしていたのは自分だけだったらしい。



どんなところにチャンスが転がっているか分からないものだ。

でも懸命に勉強していたことが役に立った。



そしてちょうどそのタイミングで先物・オプション課のチーフが新卒を欲しいと言ってきたとのこと(これには裏があるのだが…)。



運に恵まれたのかもしれない。

でも内定が決まってからも気を抜かずに一生懸命勉強していたからこそ得られたチャンスなのかもしれない。

そしてそれを見つけてくれた人がいた。



だから自分も後輩たちの努力をちゃんと見つけてやれる先輩・上司でいたいと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR