FC2ブログ

【相場雑感】オプション・プライシング実践編①

さて、オプションのプライシングについてより実践的な話をしていきましょう。



ここまでフィスコさんの『展望』で過去に連載していた記事を転載し、基本的なことを解説してきました。



でも実際にボラティリティの計算、デルタ、ベガ、ガンマ、セータ、(本当は期間の長いものを使う場合はロー)の算出、オプション・プレミアム(価格)がどう変動するかなどを計算するのは簡単ではありません。



情報端末などで、各権利行使価格のコール・プットのパラメータは拾えるでしょう。

でもそれはその時点での数値にすぎません。

日経平均株価が500円動いたら、その数値は別物になります。



それを計算するにはやはり自分自身である程度のプライシングが出来るスキルを身につける必要があります。



『金融工学』を学ぶ必要があるのです。

でも…本当の意味でそこまで理解できていなくても、Excelを使えばなんだかんだと素人でも出来ない話ではないのです。 ここでは数学がそれほど得意でない人でも何とかなっちゃうようなアプローチを伝えたいと思います。ちなみに自分も数学赤点の鬼でしたから(笑)



オプションのプライシングを行う場合、いくつかのモデルがあります。

代表的なのはブラック・ショールズ。

それ以外に二項分布(バイノミナル)、ハル・ホワイトなどの算出モデルがあります。



大証で取引されている日経平均オプションの場合、ブラック・ショールズを覚えておけば問題ありません。



それ以外を知る必要があるのは、アメリカン・タイプ(権利行使がいつでも可能なオプション)だったり、エキゾチック・オプション(ノックイン条項や様々な特殊な条件付きオプション)の場合、それだけでは難しくなります。



日経平均オプションは決済もヨーロピアン・タイプ(満期日(SQ)でのみ権利行使可能なオプション)だし、プレーン・バニラでシンプルなオプションですから、とりあえずそれだけでいいということです。



なのでブラック・ショールズに基づいたオプションの様々な計算をExcelでやっていきましょう。



その前にVBAを少しだけ知っておいてください。

とりあえずはExcelからVisual Basic Editerを表示させる方法(バージョンによって違います)だけでいいです。



VBAに関する基礎的な知識もあった方がいいですが、それはそれで別の機会においおいやっていきましょう(^^)





『俺(私)ややこしいの嫌い』



という人はここで読むのやめておいた方が賢明かもしれません。

自分もこの勉強したての頃、パソコン100回以上はぶち壊したくなりましたから(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみです!

こんなに有益な情報をいただけるなんてすごく楽しみです。VBAというのは知りませんでしたが、検索したらすぐ出てきたので問題ありません。
ややこしいのは多分苦手ですが、わくわく感のほうが大きいです。
お待ちしています。
プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR