FC2ブログ

【トレード】個性と優位性と再現性

あなたはどんな性格ですか?
得意なもの、苦手なものはなんですか?
運用やトレードを通じて何を目指しますか?
どういった環境で運用を行っていますか?
どれぐらいの資産、リスク許容度で運用を行いますか?
それを通じて求めるリターンはどの程度ですか?

「自己分析」
「自分を取り巻く環境への理解」
「自分が目指すものとその環境との整合性」

これは運用の世界で戦っていくうえでの土台です。
あなたはどの程度これがちゃんと整理できていますか?

運用をやりたい、稼ぎたい、金持ちになりたい。
これはこの世界に飛び込むうえでの第一歩です。

ただそこで成功できる確率は正直かなり低いのも現実です。
その確率を上げるためには、自己分析や諸条件との整合性をしっかりとっていくことが大事です。

これまで沢山の運用者を見てきました。
日計りなどの短期運用から、ロングショートであったり、知人の中にはエンゲージメント(アクティビスト)をやっているような人もいます。

マーケットとの向き合い方は一つではありません。
様々な向き合い方がある。
自分に合った向き合い方を見つけること。
これがとても重要です。

自己資金でやる個人投資家なら、自分がやりたいやり方を探せばいい。
それが自分に合ったやり方であるかどうかにフォーカスするだけです。

ディーラーなら、会社の決めたルールや、場合によっては対象商品や戦い方まで制約を受ける場合もあります。
過去には、日計りしか認めない会社もありましたし、そうなると自分に合っていないのが分かっていても、その制約の中で結果を出さなければならなくなります。

ファンドマネージャーやポートフォリオマネージャーなら、目論見書やPPMに書かれている運用指針に従った運用を行うことが絶対条件になります。

ディーリングにおいては、私自身が部長だった時期に多様な運用手法を許容できる環境構築に取り組み、それはかなりの部分で実現できたとは思っています。
ただ若い人材に、その自由度の高い環境でやりたい運用をやっていいよ、とさせたときに、時に「うーん…」と感じてしまうこともしばしばあったりします。後悔のないように、自分自身で進む道は選ばせてあげたい、上からの押し付けはあまりしたくない、というのもあるんですが、経験や知識の少ない人材が、その視点で選んだ時にそれが本当にその人に最適な道を選べているのか?というとなんとも…。



ちょっとうまくいかなくなると簡単に手法を変える。
あれもこれもと手を出して、せっかくいいものを持っているのにいらんところで損失を出してしまう。
出来るだけ悔いを残しては欲しくないので、本人の意思を尊重するようにしてきましたが、その選択肢の広さが、かえってその人材の可能性を結果に繋げられないまま終わってしまうこともあります。

値動きを取りにいく短期運用(トレーディング)と、中長期運用で求められるものは大きな違いがあります。
どちらがいいとか、悪いとかではなく、それぞれ見るべきものも違ってくるし、求められる適性も違ってきます。

短期運用の場合、ファンダメンタルズを一生懸命調べてみても、その重要性はかなり低くなります。需給やイベント、ニュース、材料、値動きや出来高、タイミング、テクニカル…などの方により重要さが出てきます。
求められるものも、瞬間的な判断力や決断力、勝負勘や感覚的なものだったりもします。スポーツをやっていた人や、ギャンブルなどに強みがある人の方が向いていたりするかもしれません。

中長期運用においては、ファンダメンタルズやマクロ、ミクロの分析力が求められますし、分析力や思考・考察力などがより重要になってきます。本を読むことが好きだったり、思考や分析が得意な人が向いているかもしれません。

アービトラージ的な運用を行う人ならば、仕組みを理解し、市場の歪みや隙間を見つけ出すスキルが求められます。昔のように市場参加者の理解度が低い状況なら、その隙間を見出すことは容易でしたが、全体のレベルが上がった現在では資金力(調達コスト)や環境の優位性などがなければ、なかなか安定的なアービトラージの機会は得られないかもしれません。未発達の市場であればまだその機会は多くあるかもしれませんが。

どれにおいても他のスキルが不要というわけではありませんが、より重要になってくる特性には違いがあるということは確かでしょう。

まずは自分の性格や得意不得意を客観的に分析してみてください。
そのうえで自分に向いているアプローチがなんなのか?

自分の個性に合ったアプローチを採ることが、その人の可能性を結果につなげていく最短の道筋でしょう。
もちろんちょっと合ってないんじゃないだろうか?と感じても、その人の努力や、見えていなかったポテンシャルが具現化して成功する場合もあるかもしれません。

なんにせよ、まずは一つのアプローチをしっかりとモノにして欲しいと思います。
やってみたけど思うようにいかないからと簡単に他のアプローチに変えてしまったり、アレもコレもなんでも同時に手を出すなんてのは一番もったいないと個人的には感じます。もちろん最初のうちに色々と試してみて、自分に合った道を見つけるというのはアリですが、それはあくまでも試験的に行うべきものです。

100m走が速い人が、フルマラソンでも勝てるか?
その逆は?
同じ「走る」という行為でも、それだけの違いがあります。
短期運用と中長期運用においても、それなりに大きな違いがあることは知っておいて欲しいと思います。

まずは自己分析をしっかり行ったうえで、自分が求めるもの、自分に合っているものを主軸にしっかりと自分なりのアプローチを構築していくことが大切です。

ある時期、うまくいかなかったとしても、安易に他の手法・アプローチに変える前に、同じようなアプローチでうまくいっている人がいるかどうか、周囲を見回してみてください。
だとしたら、手法に問題があるわけではなく、自分自身の相場との向き合い方や分析、何かが足りなかったという事実を受け入れ、何をどう見て、どう判断していればうまくいったのかを検証し、改善していく。
その繰り返しで自分なりの手法・アプローチをしっかりと作り上げていくことが大切です。
それなりに一つのアプローチを極めるのには、相当な時間と労力、努力や経験も必要になります。
ちょっとかじったぐらいでそんなに簡単に稼げるようになると思わない方がいい。
とんでもない数の人たちが、みな切磋琢磨してマーケットと向き合い、しのぎを削っている世界です。

また一つのアプローチを極める前に、なんでもかんでもやるってのも正直どうかと思います。
中長期運用を土台にして、ファンダメンタルズの分析を元に運用している人が、思いつきで値動きのいい銘柄に飛びついても、たまたま儲かることはあっても持続的・安定的なリターンが出せるとは思わない方がいいです。
短期運用やっている人たちは、それぞれが板・値動きに集中し、その瞬間瞬間にものすごく集中して戦っています。

逆に短期で勝負している人が、マクロやミクロのファンダメンタルズ、業界動向、市場分析を十分にせずに、ちょっとよさそうな銘柄だからとポジション取ってみても、短期的な値振れに振り回されずに、安定的に再現性のあるリターンを得ることは困難でしょう。

そこに自分の優位性はありますか?
優位性のない場面で、思いつきや欲で手を出し、無駄な損を出すことほどもったいないことはないでしょう。

リターンばかりに目がいきがちな人が陥りやすい行動です。
アレもコレも取りにいきたがる。
ポジションを取る=リスクを取る行為であることを今一度自覚してください。

自分の個性にあった戦い方。
自分の優位性のある戦い方。
そして再現性のある戦い方。

これをしっかりと構築することが大切です。

ある極端な相場で損を出したとしても、簡単にその手法(アプローチ)を投げ出さず、他に同じようなアプローチでうまくいっている人はいないか?どういった要因でそんな損失が出たのか?その要因が特殊な要因(コロナや戦争)によるもので、その要因自体がイレギュラーであるならば、簡単に投げ出すべきではないでしょう。要因自体が突発的だったり、100年に一度の事例だったわけですし、そのときの経験を次に活かすことだってできるかもしれません。

逆にそういう極端な市場環境でたまたま大きなリターンが出せたとしても、その市場環境や条件が再現性があるものなのかを客観的に考えてみてください。毎年のように新型のウイルスによるパンデミックが起きるわけでもないですからね。極端なボラティリティがなければ得られないリターンを、幻のように追いかけ続けても市場が正常化すればそれが次に起きるのは遠い将来かもしれません。平時の市場環境において再現性のあるリターンを得られなければ、生き残ることは出来ないでしょう。

本来の自分の相場との向き合い方がしっかり構築できた人ならば、異なるアプローチに限定的なリスクを取ることはアリだとは思います。
ただまだ自分なりの向き合い方すらおぼつかない、構築過程である人があんまりコロコロ手法を変えたり、アレもコレも手を出したりするのは、かえって遠回りになったり、自分の可能性を閉ざしてしまう原因にすらなりかねません。

自分が何を目指しているのか?
それが自分に合っているのか?

これからマーケットで勝負していく道を選ぶのであれば、一度しっかりと自己分析したうえで、どういった向き合い方を選択し、それを極めていくのか、自問自答してみて欲しいと思います。
プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR