FC2ブログ

【コラム】情報がないと儲からない?

年明けから9社に減った『外資系証券注文動向』。

これは自分も入社する前からあったもので、立会場があった頃、場の人たちが情報を持ち寄って公表していたのが始まりだそうです。

みんな結構気にする数字なんですよね。
ちなみにひと昔前、一度廃止になりかけたことがあるんです…。
やはりフローに関わる情報だから、流すべきじゃないという声もあったようで。

それでも色々と情報は流れ…ま、最終的には『ないと困る』という声も多くて復活しましたけど(^^ゞ

その頃に書いたコラムを一つ。

ちなみに『情報』について書いてますが、基本的な考え方は変わっていません。
情報の優位性も大事ですが、それに依存しきった運用でもいけない。
そしてその情報を検証もせずにただ使っているのもよくない。
自分もこの『外資系証券注文動向』の過去データは1999年から保管しています。
それを元に過去の指数の動き、日中の動きなどと検証を行ったり、東証発表のものとの整合性もチェックしたりしました。

何も考えず、ただ情報を鵜呑みにするのは危険だし、自分で検証したり、考えたりするプロセスが大事だと思っています。

面倒くさいかもしれないけど、『楽して儲かる』のを10年も20年も続けられる世界ではないのですから(^^ゞ


しがないディーラーの独り言(第10回)
フィスコ『展望』より


眠い…あまりに眠い…。
先週、夏休みをいただいて、リフレッシュした気持ちで、『さぁ、頑張るぞ~』とばかりに出社してきたのはいいのですが…。いつの間にやら相場も夏休みに入っていたようですねぇ。ナスダック指数が大きく下げたものの、公的買い観測やら投信買い、ETF組成などが相まってサンドイッチ状態。特にETFだかEFPだかTRFだか知らないけど、妙なTOPIXの逆ザヤ状態(先物が理論価格を下回って推移すること)には勘弁して欲しいもんです。変に強い現物株を見て買うとTOPIXでつぶされるし(>_<) でも、ジリ…ジリ…とは下がるものの、な~んも迫力を感じることもなく、売りから入っても大して儲からず。チャンスらしいチャンスもないまま…時折襲ってくる眠気と戦いながらこの一週間を過ごしました。前回、このコラムで『眠れぬ夜』をお話しておきながら…そんなクソ真面目な私でも眠い相場だったのです(~_~;) こんなんだったらもう一週間ぐらい休んでも良かったかもしれませんねぇ。と、いう訳でこの相場を振り返っても何を書けばいいのやら…すっかり困ってしまいました。
あ、そうだ!今週ちょっとばかり話題になっていた『外資系証券売買動向』の非公開についてちょっとお話してみましょう。一般の投資家の皆様にはあまり馴染みがないかもしれませんが…。
外国人投資家の売買が日本の株式市場に大きな影響を与えることはこれまで何度か触れてきました。で、『彼らが今日売りに来ているのか、それとも買いに来ているのか?』。これは一日の間で勝負している我々ディーラーにとっては非常に興味のあるポイントです。それを知るためにみんなが気にしていたのが寄り前に発表されていた『外資系証券売買動向』なのです。外資系証券10数社の集計で売り越し・買い越しを判断し、今日の外国人投資家の動きを予測していたのです(まぁ、外国人投資家が全部外資系証券にオーダーを出す訳でもないんですがねぇ)。
と・こ・ろ・が!ナントそれを今週から教えてくれなくなっちゃったのです。さぁ、困りました…今日の外国人投資家は売りなのか買いなのか全然分かりません。さらに6月後半から売買手口も非公開だし、裏で誰が何やってるのやらさっぱり分からんてなことになってしまった訳です。手口や情報中心に売買していた人は苦労していることでしょう。

だからといって私は非公開に反対ではありません。なんかの本に書いてあったのですが、様々な情報を中心に売買した場合と、情報をシャットアウトして売買した場合、情報ナシで売買した方が最終的にいい結果が得られたという話を記憶しています。私も同感なのです。所詮、情報なんていうものは誰かから聞くもので、『いい情報を自分が一番最初に聞く』のでなければ意味がない。先に誰かがいい情報を聞いていて、みんなが買ってしまった後にその情報を耳にして買いに行くと…結局高値掴みをして、みんなの笑顔のために一人涙を流すハメになってしまいます。あまり情報に依存した売買ばかりしていると、自分の相場観や分析力が落ちて、結局相場がヘタになってしますような気もします。ここんとこの決算発表後の動きなんていい例かもしれません。『いい決算が出そうだよ~』という話を鵜呑みにして買ってしまう→噂通りにいい決算が出る→材料出尽くしで売られ→泣く泣く投げる…な~んて人もいたのではないでしょうか。手口や外資系証券売買動向も同じことで、『○○証券が買っているから上がる』とか『外資系証券売買動向が買い越しだから上がる』と考えるのは、ちょっと違うような気がします。
やりづらいっちゃあやりづらい状況ではありますが、嘆いていても始まりません。みんな同じ条件なんですから。こーゆー時だからこそチャートとかをしっかり勉強して、この相場を勝ち抜いていきましょう!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR