FC2ブログ

【雑感】株を長く楽しむために

自分にもたまに知人や親せきから投資についての相談とかが来ます。
もちろん立場上、個別銘柄についてのアドバイスは出来かねますし、出来るアドバイスは限られています。
ただ一般の人に自分が必ず伝えることは

『やらないよりもやってみた方がいい。それは確かだ。
株をやることで、経済や政治に興味を持つようになり、ニュースを見るようにもなる。
様々なお金の仕組みや社会構造を学ぶ機会にもなるし、その知識がこれから生きていくうえで役に立つことも沢山あるはず。

ただ株取引を通じて儲かったり損したりすることで冷静さを失ったり、のめり込んでしまったりすることもある。十分な知識や経験を積んで、相場の怖さもしっかりと理解したうえでならまだしも、初期段階からあまりのめり込まないようにした方がいい。

リスク許容度は人それぞれ。その許容度を理解し、適切なリスクの範囲内で取り組むこと。
ここを逸脱すると、下手すれば人生を賭けたギャンブルになってしまう。
株での取引を「運用」にするのか、「ギャンブル」にするのかは本人次第。

まずはやってみること。やってみなければ知ることもできないから。
ただそれが生活や人生を左右するようにのめり込むのは避けて欲しい。』

ファンドマネージャー、ポートフォリオマネージャー、ディーラー、(個人の)専業トレーダーという職業として、それを生業としてマーケットと向き合っている運用者はそういう訳にはいきません。

いいマーケットであれ、難しいマーケットであれ、常にマーケットと向き合い、それに合わせてリスクをコントロールしながら、常に利益を目指さなければなりません。運用しない=リターンを目指さない=仕事する気がない、と受け取られてもしょうがない立場ですから…。
もちろんマーケット環境に応じてギアを変える必要はあるでしょうが。

ただ一般の個人の方には、株を長く楽しんで欲しい。
変な煽りに惑わされず、投資であれ、投機であれ、楽しみながら(時としてちょっと失敗もしながら)、長く株を楽しんで欲しい。

「株はギャンブル」「株は危険」とレッテルを貼られがちですが、そうしてしまっているのはリスク許容度を超え、リターンばかりを追い求めた結果です。それは本人にも問題がありますが、証券業界全体でも、これまでの個人投資家の投資勧誘の在り方として、反省すべき点は多々あるのでしょう。

株は上がることもあれば、下がることもあります。
リスクがあるものです。
一般の個人の方なら、「自分がいくらまでなら損してもいいのか」「実際にそこまで損が出てしまったらいったんやめる」といった一線をしっかりと確認したうえで、楽しんで欲しいと思います。

プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR