FC2ブログ

【ウクライナ侵攻】第二次世界大戦時との類似点

今回のロシアによるウクライナ侵攻を見ていると、第二次世界大戦に繋がっていったナチスドイツの行動と共通点がとても多い気がする。

歴史は繰り返す…にはならないで欲しいけれど。


ドイツ系住民が多く住んでいたチェコスロバキアのズデーテン地方。
「この地域のドイツ系住民が迫害を受けている」として同地域に侵攻したナチスドイツ。
これは始まりに過ぎなかった。

ナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体

今回のロシアの主張
「ウクライナ東部で親ロシア系の住民の人たちが迫害されて、ジェノサイドまで行われている」
としてウクライナに侵攻した。
ナチスドイツのようにズデーテンから始まり、全土に…という段階すらなく、いきなり全土への攻撃と首都への侵攻まで踏み込んでいる。



ナチスドイツのUボートによって撃沈された客船アセニア号。一番最初に撃沈されたイギリス船でもあり、民間人の乗客および乗員117名が死亡した。死者の中には28人のアメリカ人が含まれており、ドイツはアメリカがイギリスとフランスの陣営として戦争に参加することを恐れた。戦時中ドイツ当局はアセニアの撃沈を否定し、1946年まで責任を認めなかった。ドイツのせいにするためにイギリスが自ら行った行為と主張していたらしい。

アセニア (客船・2代)号撃沈

今回のロシアの主張
数多くの戦争犯罪を行っているロシアだが、捏造されたプロパガンダだとか、ウクライナが自ら行った行為だと主張している。


ウクライナのことをネオナチだとか、色々と主張しているけど、ロシアがやっていることはナチスドイツを想起させるような行為ばかり。

核使用すらチラつかせながら戦争犯罪を繰り返すロシアをなんとか止めて欲しい。
和平の道を探ったチェンバレン、強く徹底抗戦を指導したチャーチルという二人のイギリス首相。
当初は戦争に参加することを避けていた米国。
ナチスドイツの行為がエスカレートしていく中で戦争は拡大した。

第三次世界大戦に繋げていってはならないが、ロシアの暴挙をエスカレートさせてしまえばいつかは一線を越えてしまうかもしれない。
世界各国の指導者が歴史に学び、未来を創るために賢明であることを願う。

ウクライナの人々の元に一日も早く平和が訪れますように。
プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR