FC2ブログ

【雑感】初心を取り戻す

あるベンダーさんから転職をしたばかりという方から、転職のご挨拶をしたいというのでオンラインで久し振りに会話をした。

まだ東京で仕事をしていたときに色々とお世話になった。立場としてはこちらが顧客ではあったけれど、端末の導入やセミナーの開催など、一緒に取り組ませていただいたことも多かった。

「工藤さんのような取り組みをされている方は他にいらっしゃいませんでした。工藤さんにお会いできて、お話を聞かせていただいていつもモチベーションを与えてもらっていました。」

そんな風にベンダーの担当者だった人から言ってもらえるなんて…ちょっとウルッと。
今の自分にとっては、かえってなんかすごく力をもらった気がする。

運用を志すお金も経験もない若い世代に挑戦の場を作る。
そういった場所として、絶滅危惧種と揶揄されてきた地場証券のディーリングの存在意義を再定義し、再認識してもらう。

次の世代、新しい人材を生み、育てる努力と仕組みを作る。
そして成長した人材が活躍できる場所を作る。
若い世代が夢を追い、懸命に努力し、その夢を実現できるようにサポートし、その成長と夢の実現とともに組織も発展していく。

田んぼをたがやし、水や肥料をあげ、新しい芽を育てていくこと。
これが業界に一番欠けている視点なんだとずっと痛感してきた。
どこも育った稲を刈り取ること(引き抜き)ばかりを優先する。目先稼げそうな人材ばかりを探す。それでは新しい人材は生まれてこないし、業界は発展していかない。
業界を発展させるためには、その裾野を広げて、夢を追う若い世代にどんどんチャンスを与えていく必要がある。
せめて資本力のある大手には、人材を生み育てる仕組み作りこそ本気で取り組んで欲しいと願う。

自分が20数年の運用者人生を通じて痛感し続けてきた業界の根本的な問題。新しい世代を育てることを怠り、新しい時代に即した運用環境やノウハウへの研究開発投資を怠ってきたこと。この業界が絶滅危惧種と言われるのも当然のことだと思ってきた。

もう30年近くも昔のこと。学歴もお金も知識もなく、ただ若かった自分が運用の世界に出会い、そこでチャンスを与えてもらい、様々な先輩に出会い、学び、成長し、それなりに夢を追っていくことができた。この業界を大切に思うからこそ、変えたいと願ってきた。

作り上げたいと思ったものはまだ道半ば。
何度も転んできたし、涙を流すほど悔しい思いも沢山してきた。
それでも前に進む。

なんかこのところいっぱいいっぱいになってていたけれど、何年も前からずっと自分を見てきてくれた人がいる。
自分の取り組みや姿勢を励みと感じてくれる人がいる。
それに気づかせてもらえた今日の会話に感謝です。
初心を思い起こさせてくれました。

新しい場所での活躍を祈念しています!
プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR