FC2ブログ

【ビジネス】出会いのきっかけ

SNSって難しい。
TwitterもFacebookもブログも、自分にとっての先生と思ってきた方(虎年の獅子座さん)に強く勧められて始めたけれど、何度もやめようかとも思った。
でもそれが「出会いのきっかけ」を作ってくれたことも少なくない。

大阪のディーラーとTwitterを通じて知り合い、大阪の実情を知り、大阪でイベントを開こうと思い立ったからこそ、大阪のディーラーや個人投資家とも繋がりが生まれ、それが大阪ディーリング室の立ち上げにも繋がって現在がある。

学生時代に自分のブログを見てオプション取引に興味を持ったと言ってくれた人もいた。そして新卒でウチに入りたいと受けに来てくれた。

自分のブログを通じて、この世界に興味を持ったり、ウチに来たいと思ってくれた人も何人かはいたらしい。

この人よくマーケット見ているな、この人すごいなと思う個人投資家さんと繋がりを持てたりしたのもTwitterをやっていたから。

そういう人たちとの出会いや、彼らからのメッセージがあったから続けてこれた。

そして最近また新しい出会いがあった。
しかも、その人材は日本国外にいたりした。

ディーリング業界って、もう足を引っ張り合ってる場合じゃないところまで来てる。
トッププレーヤーを引き抜かれた会社が、大きなダメージを受けて崩れていくのも見てきた。
新しい人材や世代を育てることを怠り、目先の利益を上げられそうな人材を獲り合ってきたこの業界。
ただそんな人材すら、すでに業界にはあまり残っていない。
こんな状況では、数年先に何社残っているのかすら分からない。

そんな中で未来を切り拓き、創っていくためには、これまでにないものを生み出し、新しい道を作っていかなければならない。
若い人材にチャンスを作り続けることも大切なこと。
そういった面では、SNSやブログを通じて、業界外の人材との新しい出会いがあるというのは貴重だったりもする。

運用者としての未来を夢見て、自分の可能性を最大化したいと願う若い人材。
彼らのためにも、それを実現可能なステージを守り、育てていきたい。

そしてせっかくその場所を手に入れた若い人材には、高い目標を持って頑張ってもらいたい。

もちろんこんな業界環境でやってりゃ不安もあるだろう。
でもね、若いうちから小さくまとまんなよ。
自分の可能性のために、自分自身が一番貪欲じゃなきゃもったいないよ。
一人ひとりがやるべきことをやり、結果を出し、幸せであるならば、組織も間違いなく盤石であるはず。そのための支援なら、あなたの上司や会社の経営は全力で支援してくれるはず。

そんな中でも、安定して結果を出し続けている人もいる。
それなのに結果を出せていない人や、不安定な状況を続けている人が、不満や不安、愚痴を言っててどーすんだ?
結果さえ出し続けて、稼ぎ続ける自信がある人なら、そんな不安は出てこないよ。

マーケットという世界で結果が出せないのは、全て自分のせい。
マーケットとしっかりと向き合えていないから。
同じマーケットでも、うまくいっている人、より稼いでいる人もいる。
おそらくそういった人は、努力を惜しまず、やるべきことをしっかりとやっている(それでも間違えることがあるのがマーケットでもあるんだけど、確率を引き上げる努力が出来ていれば、一定の期間でみると結果はちゃんとついてくる)。
自分より稼げていない人みて安心したり、周囲も儲かっていないからしょうがない、なんて思っていたら、それでおしまい。
常に上を見て、学び、盗み、吸収し、成長していくという意欲を持ち続けなければ成長はできない。

人の足を引っ張ったり、妬んだり、羨んだり、愚痴ったり、そういうつまらん方向にエネルギー使っている暇があったら、自分自身のためにもっと頑張った方がいい。

せっかく他の運用者が身近にいる環境にいるのだから、自己完結で終わらず、稼げている人から学ぶ機会をしっかりと活かして欲しい。
会社のためにとか、そんなのはどうでもいい。
自分自身の可能性を最大化するために、自分自身のために貪欲であって欲しいと思う。

失敗しちゃいけないなんてことはない。
この世界は失敗して当たり前の世界。
でもその失敗からも学び、吸収し、次のトレードに活かす。
無駄にしていいトレードなんて一つもない。

他人の言葉を自分で考えずに鵜呑みにする。
人のポジションやトレードのコピー、誰かの推奨銘柄を盲目的に買う。
素人ならそれでいいかもしれないけれど、プロになるのなら「自分で思考する」ことが最も大事。
間違えたときに、その原因も分からないではしょうがないし、自分で思考できる力を身につけなければ、リアルタイムに変化し続ける相場の中で適切な判断なんて下せはしない。
他人に安易に自分の人生預けちゃいけない。
知らないこと、分からないことがあれば、一つとしてそのままにせず、知識として身につけられるよう学びにする。
思考し、判断し、結果を踏まえて修正する。
トレードなんて、その繰り返しだ。
思考し、判断し、その結果が100点満点なんてことはまぁ滅多にあるもんじゃない。
「もっと稼げたはず」「この損失は回避できたはず」…etc。
常に修正すべき点はあり続ける。

なぜ相場がそう動いたのか?
その背景を納得いくまで調べる。
様々なデータを入手し、研究する。
新聞もニュースもろくに見ない。データも取っていない。知識も足りない。ファンダメンタルズ、テクニカル、決めつけや否定から知ろうとしない。よく理解もできてないうちからやらない理由を見つけてやらないなんてもったいない。
全部学んでから取捨選択すればいい。これは自分のトレードでの優先順位は低いとか、不要とかは、知って理解してから初めて適切に判断できる。でも一つ一つを「理解」するには相当な努力と根気が必要になる。
せめて何か一つだけでもいいから、プロフェッショナルな知識を身につける。初心者レベルで教科書に書いてあるようなレベルのことでチャート見てどうこう語ったところで、いくらでも上がいる。徹底的に掘り下げること。

あなたの目標はどこにある?
そこを初心にかえって、今一度確認して欲しい。
職を維持できるレベルなんて通過点でしかないし、所詮は最初の一歩。
その程度はクリア出来て当たり前。
だって本来の目標はもっとずっと先にあるはずなんだから。

やるからにはトップを目指す。
自分は、まだ若手と呼ばれていた頃にその会社でトップと評されるところまでいき、ぬるま湯につかってしまいかけている自分が嫌で、自分よりもっとすごいヤツがいるところにいきたいと思って他社に転職したことがある。
彼は本当にすごくて、まぁなかなか追い抜けなかったけれど、彼の存在が自分を引き上げてくれた部分も間違いなくあったと思う。
そんなライバルの存在ってのも大事だったりする。

久し振りに、「(自分の将来への)強い意志と欲を感じる人材」に出会った気がする。
こういう出会いがあるからSNSってやっててよかったと思ったりもするんだよね。
プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR