FC2ブログ

【トレード】踏ん張りどころ

トレードに限ったことではないと思うんだけど…

誰でも「踏ん張りどころ」ってあると思うんだよね。

何かに挑戦しようというとき
苦境に立たされているとき

そういうときにどれだけ自分に厳しくなれるか。
どれだけハードワークできるか。
どんなに地べた這いずってでも結果を出せるか。
歯を食いしばってやりぬかないといけない局面ってのがある。

力を抜いて楽をしていいとき。
遊んでいいとき。
はっちゃけていいとき。

そんなときもあっていい。
でもやらなきゃいけないときに、自分に厳しく踏ん張りきれないと、大きな何かを失うことになる。

自分はそういう意味で、この年齢にして「踏ん張りどころ」を迎えている。
自分の企画・立案で取り組んでいるヘッジファンドの設立。
10年前の挫折、そしてそれ以来ずっと実現しなければいけないと思い続けていたもの。
この10年以上、様々な遠回りもしながら、ほとんど誰も信じていなかったような変革を実現しつつ、一歩ずつ前に進んで、ようやくこの再挑戦のときを迎えた。

その実現と可能性を信じて機会を与えてくださった親会社の経営。
一緒に取り組んでいる後輩達や支援してくれている人達。
それを目指して頑張っている若い世代。

前回の挫折では、自分も大きく傷ついたけれど、何人もの友人や仲間を傷つける結果に終わってしまった。
自分の力の足りなさを痛感し、何がいけなかったのか、何が足りなかったのか、自問自答し続け、自分を責め続けた。

だからこそ足りなかったものを一つ一つ埋めながら、「遅すぎるかもしれない」という焦りを感じながらも、勝算を十分に見込めるタイミングまで引き付け、ようやく今がある。

足りないものだらけだった。
周囲は誰も信じていなかったと思う。
それがようやく実現した。

ここで「踏ん張る」ことが出来なかったら、自分は最低だと思う。
だからこそ知らないことだらけの中で、必死に学び、様々な方に教えを請い、朝から晩までプログラム書いて、マーケティングもやり、寝る間を惜しんで様々なことを引き受ける覚悟で取り組んだ。

「覚悟」を持って
「行動」し
「結果」を出す。

やるべきときにそれが出来るかどうか。
辛いと感じることも沢山あるけれど、それを乗り越えた先にしか得られないものがあるから。
ビジネスにおいても、トレードにおいてもそれは同じ。

「楽して結果を得る」なんてことはないよ。
もしそれがあったとしても「運」でしかない。
そこに継続性必然性もない。

勝つべくして勝つ。
結果を出すべくして出す。

結果を出せるだけの土台がそこにあるのかどうか。
結果を出し、成功を収めている人を羨み、妬んでいる暇があったら、自分自身の未来の為に自分がどう在るべきなのかを考えた方がいい。
遥か先に立っている人は、そこに立つべくして立っているのだから。そういう人から学び、吸収し、自分の未来に繋げた方がはるかにいい。

運用者であったとしても、踏ん張りどころってあるはず。
苦しいときほど、初心に立ち返り、自分と向き合い、マーケットと向き合い、その踏ん張りどころを乗り越えて欲しいなと思う。
「やるべきときに、やるべきことをやる」
そういう意識を持っていられれば、きっと苦境は乗り越えていける。
プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR