FC2ブログ

【マーケット】想像力の大切さ

【想像力】これってとても大切なものだ。


現在、起きていることから将来を予測していくうえではとても大事なもの。


人間の思考や予測には、常にバイアスがかかるものだ。『自分は新型コロナウイルスにはかからない』『自分の国は大丈夫』…。何故か、自分はそのリスクには自分は直面しないと都合の良い方に解釈しがち。『楽観バイアス(認知バイアスの一つ)』というものらしい。


そこにポジション抱えていたら、そりゃ余計にそう考えたくもなるだろう。楽観バイアスは必ず強化されてしまう。どんなに論理的に、客観的に考えているつもりでも。


自分が現役時代、失敗したり、読み誤ったと判断したら、すぐにロスカットし、ポジションを極力フラットにしていたのは、自分の中にあるそういったバイアスを排除するためでもあった。


【楽観バイアス】
https://www.google.com/amp/s/www.weblio.jp/content/amp/%25E6%25A5%25BD%25E8%25A6%25B3%25E3%2583%2590%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25A2%25E3%2582%25B9


今回の新型コロナウイルスの感染拡大と、世界のマーケットで起きた大混乱は、それを改めて痛感させられる展開だった。


武漢の人々、中国の人々がパニックを起こし、東京に匹敵する規模の都市が封鎖されても他人事としてしか捉えず、過剰かつ滑稽なまでに感染を恐れる人々をテレビやSNSを通じて見て、それを笑っていた人がどれほど多かったことか。想像力の欠如なのか、楽観バイアスによるものなのか…。


そして現在、そのリスクが自分たちの身にも降りかかってきている。その結果が、このマーケットであり、世界で起きている混乱なのだろう。


ポジションがないからこそ、客観的にも判断できるし、バイアスをより排除しやすいこともある。


このリスクに警鐘を鳴らした人はごく僅かだった。出てくる数値や情報を把握、分析し、予測する。自分はそう心掛けて、最悪を想定していたつもりだった。でも世界の現実は、その予想すら超えている。


自分は、世界の主要国での感染拡大は、中国の武漢以外の主要都市レベルで抑制出来ると期待していた。まさかイタリアを中心とした現在のヨーロッパのような状況を見ることになるとまでは予想できていなかった。


株価についても、その予想の根底が間違っている以上、想定していたよりも厳しいことになっている。


なんだかんだいっても、世界の経済や金融の中心的な存在である米国。この国が欧州のような状況に陥る可能性を考慮し、オリンピックが延期もしくは中止に追い込まれるリスクまで考えれば、『鍋の底はもう一回抜ける』かもしれない。


GPIF、日銀、自社株買い。先週の主要な買い手はこの辺だろう。全体的なリスクオフ、現金化の流れは変わっていない。それがアルファの崩壊や、REITの暴落に現れている。少しは落ち着くかもしれないが、この手の動きは連鎖することには注意が必要だ。



論理的に考えれば、『異常な価格』なんだと思う。数ヶ月、数年というタームで見れば、チャンスなのかもしれない。でも過剰流動性に支えられて生み出されてきたリスクマネーは、現在パニックを起こしている。いち早くリスク資産から逃げ、余力を残している人だけが、そのミスプライスをチャンスにも出来るのだろう。


『想定していなかった状況』に陥ったとき、そのまま取り返そうとバタバタもがくのではなく、いったん冷静さと客観性を取り戻す意味でも引いて待つことも大事だったりする。自分の中にある『バイアス』を除外するためにも。予想外の状況にある時点で、負けを認めるべきなのだから。


『取り返したい』『(予想もしていなかった)損失に感情的になる』『こんな水準で切りたくない』
そういった感情は主観的で自分の都合でしかない。
それがよりダメージを大きくする。



新型コロナウイルスの感染拡大は、欧米でピークに向かいつつある。抑制できているかに見える日本やシンガポールも、まだまだ予断を許さないだろう。特に日本はオリンピック開催がどうなるかによっては、もう一段のダメージを受ける可能性もある。中南米やアフリカでは致死率も高くなりやすいはずだ。マーケットへの影響は欧米がピークアウトしてしまえば落ち着くだろうが。


欧米での感染拡大がピークアウトすれば、マーケットは一定のリバウンド(数十%程度は)はしていくだろう。ただ今回のあまりにも大きく、急激に起きた暴落が、金融市場や経済に与えたダメージは計り知れない。


次の火薬庫に連鎖していくリスク。


リーマンブラザーズはいきなり倒産したわけではない。2007年に起きたサブプライムローン危機、クオンツの混乱とパリバショック、ペアスターンズの破綻、そしてリーマンだった。


中央銀行の政策に依存しきっていた各国政府や中央銀行に、こういった連鎖を止める力があるのかどうか?


償還のないリスク資産を買い入れ続けた日銀は既に多額の評価損失を抱えている。だいぶ前にアベノミクスや黒田日銀の取った政策の評価は十年経たないと適切な評価は出来ないと書いたことがあった。出口までうまく辿り着けるのか疑問だったからだ。そして今また世界の中央銀行の資産は急膨張していこうとしている。


これからの展開、そして中・長期的な予測においては、バイアスをもたずに、客観的に見極めていく必要があるだろう。特に債券市場の動向には注意しておきたい。

【雑感】乗り越えるために

孫さんが、100万人のPCR検査を支援すると表明したら批判が殺到し、2時間後に撤回を検討する…ってことが昨日あった。

検査人数が急増したら、感染者数が急増して医療崩壊を起こすと。
日本は検査が十分じゃないから隠れ感染者が沢山いるんじゃないかと言われ、政府への批判が続いていたのに。

武漢、そしてイタリアも医療崩壊を起こしかけている。どちらも共通しているのは致死率が高いということだ。
スペインも首都近郊で急増し、かなり深刻になりはじめている。

医療崩壊のリスクとしては、米国がかなり心配な気がする。
シンガポールも同様だけれど、医療費は非常に高額になりやすいし、公的医療保険制度がないので個人負担が大きい。民間保険は「パンデミック」認定されていると保険が使えない免責がついている場合が多い。
自分も武漢閉鎖のときに最初に思ったのは致死リスクではなく、医療費の負担によって破綻する若手が出てくる可能性だった。
シンガポール政府は、そのときすぐに新型コロナウイルス感染による医療費は、国が面倒みるという方針を発表してくれたからひと安心したけれど。

確かに医療崩壊を起こしてはいけない。
そのために現在、みんなが色んな我慢をしている。

でも善意で人が出来ないことをやろうとしてくれているのに、批判殺到でそれが撤回されるなんて残念な話だ。
確かに『お金は出すけれど、専門家の意見に基づいて有効に活用してくれ。』
という方がよかったかもしれないけれど。

様々な我慢を強いられ、強い不安とストレスを感じている現状。
でも中国の感染者数の増加はかなり少なくなってきている。
終わりがある戦いだということは忘れてはいけない。
この週末にかけて、世界各国で対策なども打たれていくだろう。
今はこの苦境を乗り越えていくために、一致団結して見えない敵と戦うべき時だと思う。

【マーケット】相場について(個人的見解)

この厳しい相場環境で戦っている運用者に何をしてあげられるだろうか。
どんなサポートが必要だろうか。
そんなことを日々考えて、思いついたこと、ヒントを得たこと、やれることをやっているんだけど、現場で戦う厳しさを知っているだけに、やれることが少な過ぎる…。


強気相場のけん引役であった米国市場。その米国市場が新型コロナウイルス感染拡大を、(ようやく)我が身に降りかかるリスクとして認識し、織り込んできた。

これからまだ欧米での感染は拡大していく可能性が高いし、アフリカや中南米など医療環境が十分ではない国々への波及も見られ始めている。パンデミックの兆候が示されており、予断を許さない状況であることに変わりはない。


でもこの辺からは、この危機的な状況に対する政策対応を見極めるターンかな。


世界的な国家間の協調。

相当思い切ったことが必要になるだろう。
金融緩和による景気テコ入れは、そもそもマイナス金利にある国が多くある中ではすでに限界に近い。
財政出動・減税…あらゆる手段を各国が協調して行っていかないと効果は限定的だ。
日本は消費税率引き上げて、GDP思いっきり悪化させた後のこの状況だから、余計に質が悪い。
対策として出てくるのが、日銀によるETF買い入れ金額の引き上げって…。出口を模索しなければと思っていたところに、パニック的な下落が発生したから相場を買い支えるというのは、愚策としか感じられない。
ダメージを受ける国民生活や経済活動に対するもっと直接的な刺激策が必要だろう。

超低金利を続けてきてしまったがゆえに、中央銀行が打てる政策余地はあまりにも限られている。


それでも新型コロナウイルス感染拡大へのパニック的な売りは、ブル相場の中心的な存在であった米国市場が陥落したことで、短期的な底打ちも近いだろう。


ただその後、どこまでリバウンドが出来るのか?

政策対応余地があまりに少ない現状において、完全なブル相場への回帰は容易なことではないだろう。


そして原油市場の急落も合わせて、ほぼ全ての資産クラスで生じたマーケットの萎縮と激変によって、本格的な資金収縮の動きが生じるようだと、もう一つの爆弾であるCLOなどに点火してしまう危険もある。

中央銀行がリスクの取り手となり、金利をマイナスにまで低下させて過剰流動性を生み出してきた状況が、リスクに鈍感な状態を作っていた。そんな中でCLOのリスクなども以前から指摘されていたことでもある(昨年10月のBloombergのk時)。

https://www.bloomberg.co.jp/…/art…/2019-10-25/PZTSZH6JTSE801


新型コロナウイルス感染拡大に伴う下落局面は、感染拡大自体が織り込まれていけば徐々に落ち着きを取り戻していくだろう。
長い戦いにはなるだろうけれど、終わりがない戦いではないのだから。それを示すかのように、発端となった中国の感染者数の拡大はピークアウトしつつある。


ただ今回のマーケットの激変が、水面下で様々なところにダメージを与えた。これから数か月、半年、一年…まだまだ相場全体としては楽観はできない状況が続くだろう。


あくまでも個人的な見解です。

【マーケット】トイレットペーパーと大衆心理

市場がパニック的な様相を呈してきた。
なんかトイレットペーパーがなくなってパニックになるのと一緒。

合理的な人は、「ウイルス感染拡大でトイレットペーパーがなくなるなんておかしい」と思う。
だから買いだめにも走らず、静観する。
でも不安を感じた人たち、冷静さを失った人たちの行動はそうはならず、不安から生活必需品の確保と買いだめに走る。
結果、在庫が枯渇し、冷静であった人たちまでが焦りはじめてパニックになる。

日本の場合は、Twitterなどでのフェイクが流れたことなども拍車をかけたようだが、危機的な状況に陥り、家から出られなくなるかもしれないと不安を感じると生活必需品を確保に走る。大衆心理・行動としては過去にも何度か起きた現象だし、今回においても香港やシンガポールでは先んじてそれが発生している。少なくともそこに大衆行動によって何が起きるかはヒントがあったはず。

20200309.png

合理的に考えたら「おかしいだろ」と思うことが、大衆が不安を感じ、そう行動することで発生する。
冷静だったはずの人が、結果として最後にパニックに巻き込まれる。
こういうとき過去から学び、非合理的であっても、そういった事象が起こりえると想定して動けるかどうかが大事。

「おかしいだろ」と思っても、それが起きてしまっている以上、対処しなければならなくなるのだから。そうなってもパンクしない程度にリスクをヘッジしておくこと。

そういうことが起きるかもしれないと想定し、トイレットペーパーを買い溜めというよりは、少し多めにストックしておくぐらいのことをしておく。その余裕が巻き込まれるリスクから自分を守る。

大衆心理・行動に巻き込まれて、致命的なダメージを負わないためには必要な自衛手段。周囲が何も不安を感じていないような段階で余裕を作るからこそ、それが起き始めたときには冷静に判断し、行動できる。

常に正しいことが通るわけではなく、人が冷静さを失ったとき、正しくないことが多々起きるものだということを知る。そのときにどう身を守るかを考えて先手を打てるかどうかが、リスクとの向き合い方としては大事なことなんだと思う。

【トレード】今回の下落相場に思うこと

COVID.png

2月からの相場展開。
そして3月に入ってからの急落。
「リスク」への認識の重要さを思い知らされる状況になっている。

1月下旬。
まだ中国での感染拡大ですら、公表されている数字はそれほど大きなものにはなっていなかった。
しかし、23日に流れは一気に変わる。
『武漢封鎖』
これほどの規模の都市が封鎖されたという事実。
この事実をどう評価し、新型コロナウイルス感染拡大へのリスク認識をどこまで持てるかがカギだった気がする。

まだこの段階では「過剰反応し過ぎだ」「新型コロナウイルスはSARSやMERSよりも致死率が低いから大丈夫だ」と楽観論を語る人も多く、特に「中国の問題」「アジアの問題」という視点で捉えられている印象が強かった。
滑稽なほど過剰な反応をする武漢、中国の人々の行動をみて、失笑している人も多く、それが自分たちの身に降りかかるリスクと感じている人はまだ少数派だったと思う。

実際に、市場は一時的に下落したものの、世界的な超低金利を背景とした過剰流動性に支えられたマーケットはすぐに盛り返し、中国での感染者数拡大の報道があったにも関わらず、米国株は非常に強い動きを示し、高値をトライする動きを示した。
ただその頃(表中の2月10日~14日の週の動き)には、アジアでの感染拡大リスクは認識されてきたのか、米国株の強さに日本株などはついていけない状況が生じている(クルーズ船の問題もあった)。強気相場が続いてきた中で、リスクに鈍感になりきっていた市場参加者(悪材料への奇妙なほどの強さ)、「下げは買い」という人がまだ多数だった気がする。

相場が一気に表情を変えたのは、このリスクが(欧米の投資家にとって)自らに降りかかってくるリスクとして認識されたときだったと思う。それが2月最終週。表中右側の新型コロナウイルス感染者数の推移をみると、この直前の週末に韓国、そしてイタリアや中東での感染者数が急速に増加し始めている(個人的に集計していた数値なので、実際の数値とは相違がある可能性があります)。

欧米投資家の姿勢変化、リスク認識の変化。これは大きな影響を及ぼす。市場への影響度が最も大きい、運用資産規模も大きいのが彼らだからだ。
NYダウは過去最大の下落幅を記録し、VIXなど、ボラティリティ指標も急騰。市場は衝撃的と言っていいほど不安定な動きを示した。
これは多くの市場参加者が、新型コロナウイルスの感染拡大と、それが経済に与えるダメージを軽視し、油断していたことの裏返しでもあるのだろう。

あまりに状況の変化が急であったこともあり、2月最終週の急落は個別株式への実弾売り主体ではなく、記録的な先物への売りという形でそれが表れている(表中、海外投資家動向)。現物▲3656億円に対し、先物は▲1兆4120億円)。この週の動きを現物株への売り金額だけしか見ていないと相場を見誤る。

「先物への売り」となると、よくヘッジファンドの売り仕掛けとかで片付けようとする人もいるが、それはちょっと違うだろう。確かにCTAの売りも相当量出ていたと思うが、それだけでこんな金額にはならないと思う。おそらくは相当なヘッジ・ニーズがあったからこその現象だったのだと思う。それも多くの市場参加者が、これまでこのリスクに鈍感であったことの裏返しともいえる。「リスクを軽視していた人たち」のパニックによって生じた動きだ。結果として、市場は大きく歪みも生じており、リーマン以降の相場しか知らない人にとっては、初めて経験するような状況が生じていると思う。

現在、イタリアに続いて、フランス・ドイツでも感染者数が1000人を超え、欧州はかなり危機的な状況になりつつある。米国でもNYが緊急事態を宣言するなど、予断を許さない状況にある。
その一方で、世界的な感染拡大は各国で感染拡大対策が強力に打ち出されている。それによって経済は停滞し、様々な副作用が生じてもいるが、今は医療崩壊を起こした武漢のようになってしまうのか、それともその手前で抑制できている中国の他の主要都市程度の状況で留められるのかの瀬戸際と考えれば仕方のないところだろう。

今回の下落は、明らかに新型コロナウイルス感染拡大に伴う下落だ。それは認めるべきだろう。
だとするならば、その感染拡大のピークアウトが見えてくるタイミングが重要だ。

相場はそれが期待であれ、不安であれ、感情で動いているときが最も大きく動く。
現実となったときには、相場はある程度打たれ強くなっているだろう。
そのときには巨額なヘッジによって生じた反動、その歪みの是正も早いとは思う。
新型コロナウイルスの感染拡大状況をしっかりとモニターしながら、冷静さを失わずに対応していくことが大事だろう。

もしも、この相場であまりに大きなダメージを受けた人は、『リスクとの向き合い方』をしっかりと見直すべきだろう。『かもしれない』という意識を多少でも持ててさえいれば、そのダメージを最小化できたかもしれないのだから。実際にそれが起きるかどうかは結果論でしかない。ただリスクとの向き合い方において、それが起きるかもしれないという意識を持って取り組めるかどうかは大事なことだ。今回は『巨大都市の封鎖』という具体的かつ驚くような事実がそこにあったのだから。
そして長く相場で生き残っていけるようになるためには、それも大事な『経験』にしていくしかないのだと思う。
プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR