FC2ブログ

【運用】リスク許容度(損失限度額)

リスク許容度(損失限度額)って運用を行うにあたっての土台になるもの。


いくら運用枠が大きくても、いくら環境がよくても、これが小さければ勝負できなくなる。


これまで出会ってきた優秀な運用者(後輩達を含む)は、みんなこのリスク許容度から逆算してどの程度のポジション、リスクを取っていいのかを考えていた。

それによってどの程度のリターンを目指せるのかが決まってくる。


個人の場合、この土台となるリスク許容度をあまりにも軽視し、エラい無茶なリターンばかりを目指した結果、ある時期たまたますごく儲かったけど、結局全部すっ飛ばしてしまう、なんてケースも多く見られる。


会社のお金を預かるディーラーであれば、そのリスク許容度(損失限度額)は会社が自分に与えてくれる信頼そのものだ。


確かに、中には人のお金だからと丁半博打のようなリスクを取り、無茶なリスクを取るような輩も見てきた。でも今の時代に生き残っているディーラーにはそんなやつはいない。


確かに、ブレーキをかけるのが苦手なやつもいる。完全なファイタータイプ。いくら殴られても、“まだまだ”と相手を殴り倒すまでブレーキをかけようとしない。でも自分を見失っているかどうかは、運用経験がある人間が見ていれば分かる。


運用者本人のリスク許容度(大)と会社のリスク許容度(小)が合わないとき、これは難しいことになる。より大きな信頼を与えてくれる環境に移るか、個人投資家として自身のリスクでやる他なくなる。


どこの証券会社も、多くが一線での運用経験がない方がマネジメントを担い、結果として不調なときに“損を出させない(損失限度額を減らす)”、“コストを抑える”、“人を減らす”というアプローチを取ってきた。その帰結が撤退縮小だ。


リスクを取ってリターンを目指す世界。

最前線に立って収益を上げ続けなければならない部門。

このやり方は収益力を押し下げ、チームのモチベーションを引き下げ、組織を弱体化させる。

基礎コストは簡単には下がらない。安易な人員削減でディーラー一人当たりの基礎コストはより高くなり、ちょっとした低迷で赤字に陥りやすい組織になる。一人のディーラーへの依存度が高過ぎれば、そいつが不調になったり、流出すれば組織は一気に弱体化する。


組織の目指すもの、特性を理解した上でコストコントロールは適切に行う。抑えるところは抑えてもかけるべきコストは積極的にかける。人材獲得や育成は手を抜いてはいけないし、実績を上げたディーラーにはより良い環境を与え、リスク許容度という“信頼”を付与していく。決してマネジメントはその手を止めてはいけない。


会社とディーラー達との間に必要不可欠な信頼関係。これが失われた時、組織は崩壊する。


昨晩、後輩と食事していたときに、日本に出張中のシンガポールでお世話になっている先輩から呼び出しがあり、食事後に合流させていただいた。


そこには以前、自分が現役時代に一番お世話になっていた証券会社の経営者の方がいらっしゃった。「どうしても工藤さんに紹介したかったんだよ。」と言ってくださるその先輩に感謝だったし、その経営者の方も自分のことをよく覚えてくださっていた。


当時、まだ30歳代で、上しか見ていなかった自分。もっと強く、もっと大きくなりたいという思いの塊だった。


その会社への移籍を決めたのは「現在の自分よりすごいと思えるやつがいるところにいきたい」からだった。


彼の存在、そしてその会社が多くの信頼を与えてくれたからこそ自分はディーラーとして成長できた。月間で数千万円すっ飛ばしたときも「これまで十分頑張ってきてくれているんだから気にするな」と上から声をかけていただいた。「経営や上司が自分を信頼してくれている」その気持ちがリングに向かう自分の背中を押してくれたし、もっと成長して、その期待と信頼に応えたいと思わせてくれた。


今、自分は自分達のファンドに投資してくださっている投資家にその気持ちを抱いている。


マイナスがある世界。

リスクと向き合い続ける世界。


そこには「信頼」が最も大切なものだ。

「管理」「ルール」も大切だけれど、目には見えない「信頼」という絆を失ってはいけない。

【ビジネス】PM育成コース募集一時停止のご案内

先日から募集させていただいていました山和証券ディーリング部での「PM育成コース」の人材募集については、採用予定人数を若干上回る見通しとなったため、一時停止させていただくことになりました。

たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。
またリツイートやシェアなどで拡散にご協力くださった方にも御礼申し上げます。

お蔭さまで、若く、運用者としての未来に夢を持ち、強い意志を感じられる人材達に出会うことができました。
面接終了後に少し話したりもしましたが、今から彼らの取り組みが始まることにワクワクしています。

これまでもディーラー育成には取り組んできましたし、運用を志す若い人材との出会いや彼らの成長を目の当たりにすることは、自分にとってのモチベーションにもなってきました。
今回は、私自身が率いるYamawa Asset Management(シンガポール籍ヘッジファンド)の運用を将来担ってくれることを期待しての採用・育成になります。

小さな種に過ぎない彼らが、これからどう育っていくのか期待しかありません。
小さな鉢植えに留めることなく、より大きなフィールドに飛び立ち、いつか資産運用の担い手として、この業界で活躍してくれる未来を期待しています。一人でも多くのタレントを生み育て、世に送り出していける、そんな場所としてこれからもこういった取り組みを続けていきたいと思います。

今回の募集はいったん停止させていただきますが、また今後時期をみて再開することもあると思います。
今回、残念ながら不採用になった方も簡単にその道をあきらめることなく、自分の可能性を追いかけていってください。

【ビジネス】日本暑過ぎ…

日本に帰国して一週間ちょっと。

とてもそんな風には思えないぐらい密度の高い時間を過ごしています。

ランチにディナー、一度に大勢…というわけにもいかないご時世なので、少人数での会食が連日。

今週からは外部ミーティングが詰め詰めで、朝から夕方まで都内をアチコチ移動しながら様々な方とお会いしてお話しています。

シンガポールよりも暑い日本を痛感しています。

これはリスクを感じる暑さですね。。。

ミーティングの後、会食までの時間が空いたのでカフェでキーボードを叩いています。

先日、ご案内させていただいたPM育成コースの採用の方も大詰めを迎えています。

将来、ヘッジファンドの運用者(Portfolio Manager)になるという目標を設定し、それを目指す意思をもった人材がどれぐらい集まるのだろうか?

どんな人材が応募してくれるのだろうか?

そんな気持ちもありながらの募集開始ではありましたが、意欲のある若い人材との出会いがいくつもあり、これからが楽しみでもあります。

自分にとっては運用者としての未来を志す時点で、その目指す未来がPMでも、ディーラーでも、個人投資家でも、応援していきたいと思っています。

ただより大きな規模の資金を運用することが求められるPMについては、ある程度ストラテジーやマーケットへのアプローチを考慮しながら育成していく必要があります。それもあってのPM育成コースです。

彼らが、どんな風に成長していってくれるのかが楽しみです。

採用に至らなかった方も、運用を志している気持ちに変わりがないのであれば、簡単にあきらめることなく、自らの可能性を模索していってください。

沢山のご応募ありがとうございました。近々、いったん募集は停止させていただくことになると思いますが、また時期を見て定期的に再募集をかけると思います。

運用者としての未来を熱望する若い人材に出会い、その意欲やエネルギーを受け止めると、自分も頑張らなきゃという気持ちにもなります。

この帰国で久し振りに会った若手がすっかり頼もしく成長していたり、そんな後輩たちの頑張りや成長が自分にとっての原動力かもしれません。

これまでも、これからも、運用者としての未来を志す若い人材に機会を作り、その可能性を最大化してあげられるように尽くしていきたいと思います。そしていつか彼らの何人かが、資産運用業界の舞台に立ち、新たな資産運用のタレントとして活躍してくれる未来を共に創っていけたらと願っています。

【ビジネス】運用者を志す人たちへ

山和証券とYamawa Asset Managementとの共同プロジェクトとして募集を開始した「PM(ポートフォリオマネージャー)育成コース」。
これまでもディーラー募集や採用を通じて、運用者の育成には取り組んできましたが、山和グループとしてヘッジファンドを設立し、新たな運用者としての道筋を提示できるようになったこともあり、このような目標を持つ人材のための育成プロセスを設定しました。

マーケットという世界で、リスクのある運用で生きていくってとても厳しい道です。
夢もあるけれど、道半ばで挫折せざるをえなくなる人の方が圧倒的に多いのが現実。
その厳しさを知っているだけに、採用する側としても相当慎重に厳しくならざるをえません。

それでも可能性を強く感じられる方にも出会えることができ、これからが楽しみだと感じています。
そして採用に至らなかった方にも、これで諦めたりせず、これからも自らの未来と向き合っていってください。
運用の世界で生きていきたいと思ってくれる若い人材は業界にとって大切な存在です。
この世界で生きていくという意思と覚悟さえしっかりと持ち、そのための行動を続けていれば、未来が拓ける可能性はあるのですから。

望み、行動することが第一歩。
うまくいかないことがあっても、そうなりたいという自分があり、そのために努力し続ける限り、可能性はゼロではありません。

運用の世界は、個人であっても、ディーラーであっても、ヘッジファンドのPMであっても、勝ち続ければ未来は拓けます。うまくいけばどの道でも年収は数千万~億円も期待できる世界でもあります(欧米だともっとスケール大きいですが…)。ただそこに辿りつける人はごくわずかです…。
そういう結果が全ての世界です。うまくいかないのも自己責任。そう言い切れるハッキリとした場所です。

個人の運用に求められるもの。
証券ディーラーに求められるもの。
ヘッジファンドのPMに求められるもの。

それぞれかなりの違いがあります。
そのために今回は新たなコースを設定して、そのための育成プログラムを作る取り組みをしています。

ただ育成といっても、「入りさえすれば育ててもらえる」「勝ち方を教えてもらえる」わけではないということも理解しておいてください。そんな簡単で安易な世界ではありませんから。

自らが運用者として成長しようという意思と行動。
自分自身の可能性にどこまで貪欲になれるかが重要です。

せっかく与えられた機会を活かせないまま、中途半端な取り組みで終わることだけは避けて欲しいと願っています。
結果、道半ばで諦めることになっても、後悔だけは残さないで欲しい。

これまで沢山の運用者を見てきました。

リスクを取り過ぎる人もいれば、損失を恐れてリスクと向き合えない人もいます。

前者は、経験や失敗を通じて修正することもできます。挑戦し続けるから成長もあります。大きく可能性を広げてくれる人は挑戦する姿勢を持ち続けられる人です。ただし、途中で道が閉ざされるような失敗の仕方をしなければ…ですが。そういう意味ではブレーキをかけてくれる人がいるディーラーというのは経験を積んでいくにはいい場所なのだと思います。

後者は、正直どうしようもありません。勝負するチャンスをもらっているのに損を恐れて勝負にいけない。戦う気がないのに戦場に立ってもしょうがないでしょう。戦わなければ未来は切り拓けませんから。目指しているものを考えた時に、わずから資金すら使いきることも出来ずにおっかなびっくり運用してるようでは成長はありません。バットもまともに振らずにヒットもホームランも打てませんから。

「リスク・コントロール」
自分が取っていいリスクとリターンのバランスをどう取っていくか。
リスクを取らずにリターンは得られません。
かといってリターンばかりを見て、リスクを軽視すればどこかで大きな失敗をしてしまうこともあります。
これを実際の運用を通じて学んで欲しいと思います。

相場は「度胸」という人がいます。
自分はちょっとだけ違う考え方をしています。
裏付けもロクにないままリスクを振り回すことを「度胸」というならば…です。

相場に対する畏怖の気持ちは忘れてはいけない。
大自然を相手にするのと同じです。
ちょっと儲かったぐらいで、自分ごときが全てを分かったような気になり、傲慢になった途端に相場は牙をむいてきます。
そしてあっという間に飲み込まれていく。
それを十分に理解したうえで、その畏れと向き合う勇気を持つこと。
その勇気や自信がもてないなら、それを持てるまで調べ、学び、分析し、考え続けること。
その裏付けがあるからこそ、勇気を持ってポジションが取れる。

その一方で損に対する恐怖で勝負にいけないとなると、これはどうしようもありません。
戦場にいるのに戦う姿勢や勇気を持てない、勝負の世界で勝負にいけないというのは致命的です。
これは残念ながらそもそも向いていないと言わざるをえません。
何のためにそこにいるのか、何のために努力して調べたり、学んだりしているのか。
自分の可能性にもっと貪欲になってください。そう願うしかありません。

リーマンショック以降、続いてきた金融緩和政策。
コロナ禍で世界各国の中央銀行が流動性供給を全開に行い、さらに過剰流動性が強化された中で続いてきた強気相場。
そして迎えた変調。
昨年末からのマーケットの変化は、相場に対して畏怖を忘れたときの怖さを思い知らされる局面でもありました。

誰でも間違いを犯し、それを認めなければいけないことも多々ある。
そんな辛いことが沢山あるマーケットという世界で、それを職業として続けるためには「相場が好き」というのが第一条件でしょう。

相場がどんなに違和感がある動きをしたとしても、常に正しいのは相場であるということを忘れないでください。
自分の思ったように動かないことを「相場が間違っている」と解釈した時点であなたは間違っています。
そう相場が動いている以上、何かを見落としていたから自分の想定とは異なる動きになっていることを認め、見落としている何かを探す努力をしてください。それが進歩や成長に繋がります。

この世界を志した時点で、全員がその第一条件はクリアしていると思います。
あとは自分が望んだ世界で、自分の可能性を最大化するために、畏れを知り、リスクと向き合いながら、学び、努力し、経験しながら勇気をもって戦い、より強くなっていって欲しいと願っています。

若く、可能性がある人材に機会を作り、未来の運用者、資産運用の受け皿になりえるタレントを一人でも多く輩出していくこと。
自分がこれまで取り組んできたことでもあり、これからもその取り組みを続けたいと思っています。
あなたの可能性と未来が拓けていくことを共に願い、そのためのサポートを出来る限りしていくことは約束します。
ただあなたをサポートする我々以上に、自らが自分自身の可能性を信じ、それを最大化していくための取り組みをしてほしいと願っています。

【人材募集】ヘッジファンドのPM育成コースの募集状況について

先日、ご案内した山和証券のPM(ポートフォリオ・マネージャー)育成コースの募集状況についてアップデートさせていただきます。

まずは沢山のご応募をいただきありがとうございました。
残念ながら、ご希望に沿えない結果となってしまった皆さんにはすいませんでした。

募集の詳細は先日のブログに記載してありますので、そちらをご覧ください。
【人材募集】将来、ヘッジファンドの運用者になりたい人に

若く、可能性のある人材に機会を作ることが一つの目的です。
ヘッジファンドの運用者になる道筋はかなり狭き門になっており、山和証券・Yamawa Asset Management(在シンガポールのヘッジファンド)による運用者育成の取り組みは業界的に見ても珍しいものだと思います。

未経験者であっても、山和証券の自己売買部門の自己資金運用を通じて運用経験を積んでもらい、そこで実績を積み上げた人だけが、Yamawa Asset Managementに転籍し、投資家の資金運用の担い手となる。

若く可能性のある新しい世代を育てる取り組みをこの仕組みを通じて行い、資産運用業界により多くのタレントを送り出したいという想いで取り組んでいます。

一方で、これは投資塾とか、投資スクールではありません。
学費を払って学んでもらう場所ではなく、最低限とはいえ給与や成功報酬をもらえる仕組みの下で、プロとしての自覚と合わせて知識や経験・実績を積んでもらうための場所です。運用もシミュレーションではなく、実際に資金を運用してもらうことになります。当然、採用する山和証券にとっても損失が発生するリスクや覚悟をもって採用と育成に取り組んでいます。

エントリー→書類選考→面接というプロセスの中で、ぜひその熱意や覚悟、運用者になりたいという想いがあるのなら、そのためにどんな努力や取り組みをしてきたか、もし今回の件を見て初めて運用者になりたいと思ったのであれば、これまで何を懸命に取り組んできたのか、をぜひ伝えてください。
自分の可能性や未来に貪欲さがどれだけあるのか。
それをぜひ伝えて欲しいと思います。

運用の世界はマイナス(損失)がある仕事です。
生き残ることもなかなか困難な世界です。
成功すれば多くの夢を叶えられる世界でもありますが、そこに辿りつける人はごくわずかです。
そういった場所に導くことが分かっている以上、それだけの覚悟と想い、可能性を感じる人にと考えています。
一人でも多く、出来るなら全員にその夢を実現して欲しいと願っているので。

転職はその人の人生にとって大きな転機でもあります。
採用や評価に関わる我々にとっても安易な気持ちで「とりあえずやらせてみよう」というわけにはいかないのです。

採用枠は限りがありますが、まだ定員には達していません。
選考は厳しいかもしれませんが、マーケットはもっと厳しい世界です。
それでも「我こそは」と思う方の応募をお待ちしています。

プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR