FC2ブログ

【トレード】踏ん張りどころ

トレードに限ったことではないと思うんだけど…

誰でも「踏ん張りどころ」ってあると思うんだよね。

何かに挑戦しようというとき
苦境に立たされているとき

そういうときにどれだけ自分に厳しくなれるか。
どれだけハードワークできるか。
どんなに地べた這いずってでも結果を出せるか。
歯を食いしばってやりぬかないといけない局面ってのがある。

力を抜いて楽をしていいとき。
遊んでいいとき。
はっちゃけていいとき。

そんなときもあっていい。
でもやらなきゃいけないときに、自分に厳しく踏ん張りきれないと、大きな何かを失うことになる。

自分はそういう意味で、この年齢にして「踏ん張りどころ」を迎えている。
自分の企画・立案で取り組んでいるヘッジファンドの設立。
10年前の挫折、そしてそれ以来ずっと実現しなければいけないと思い続けていたもの。
この10年以上、様々な遠回りもしながら、ほとんど誰も信じていなかったような変革を実現しつつ、一歩ずつ前に進んで、ようやくこの再挑戦のときを迎えた。

その実現と可能性を信じて機会を与えてくださった親会社の経営。
一緒に取り組んでいる後輩達や支援してくれている人達。
それを目指して頑張っている若い世代。

前回の挫折では、自分も大きく傷ついたけれど、何人もの友人や仲間を傷つける結果に終わってしまった。
自分の力の足りなさを痛感し、何がいけなかったのか、何が足りなかったのか、自問自答し続け、自分を責め続けた。

だからこそ足りなかったものを一つ一つ埋めながら、「遅すぎるかもしれない」という焦りを感じながらも、勝算を十分に見込めるタイミングまで引き付け、ようやく今がある。

足りないものだらけだった。
周囲は誰も信じていなかったと思う。
それがようやく実現した。

ここで「踏ん張る」ことが出来なかったら、自分は最低だと思う。
だからこそ知らないことだらけの中で、必死に学び、様々な方に教えを請い、朝から晩までプログラム書いて、マーケティングもやり、寝る間を惜しんで様々なことを引き受ける覚悟で取り組んだ。

「覚悟」を持って
「行動」し
「結果」を出す。

やるべきときにそれが出来るかどうか。
辛いと感じることも沢山あるけれど、それを乗り越えた先にしか得られないものがあるから。
ビジネスにおいても、トレードにおいてもそれは同じ。

「楽して結果を得る」なんてことはないよ。
もしそれがあったとしても「運」でしかない。
そこに継続性必然性もない。

勝つべくして勝つ。
結果を出すべくして出す。

結果を出せるだけの土台がそこにあるのかどうか。
結果を出し、成功を収めている人を羨み、妬んでいる暇があったら、自分自身の未来の為に自分がどう在るべきなのかを考えた方がいい。
遥か先に立っている人は、そこに立つべくして立っているのだから。そういう人から学び、吸収し、自分の未来に繋げた方がはるかにいい。

運用者であったとしても、踏ん張りどころってあるはず。
苦しいときほど、初心に立ち返り、自分と向き合い、マーケットと向き合い、その踏ん張りどころを乗り越えて欲しいなと思う。
「やるべきときに、やるべきことをやる」
そういう意識を持っていられれば、きっと苦境は乗り越えていける。

【トレード】チャンスを無駄にしないために

運用未経験者で、しかも自己資金が十分にない若い世代。
そんな人達が運用の仕事につく機会。
これは現在の日本においては非常に限られている。

地場証券のディーリングは、その貴重な場所ではあったけれど、ほとんどの会社がディーリング業務から撤退し、未経験者の採用・育成まで取り組んでいる会社はさらに少ないのが実情だ。

そんな中でせっかく手に入れたチャンス。
それを無駄にはして欲しくない。

一定の収益力を身につけるまでに与えられた時間は有限だ。

何年もの間、自分の給料すらまともに稼げない赤字要因のまま、その席に座っていることは出来ない。

会社はあなた達の可能性を信じ、そのためにコストとリスクを負担してくれている。
最低限、与えられた期間の中で、その収益目標をクリア出来るように考えて欲しい。

例えば、1年間で月間100万円という目標を与えられたとする。
そのために与えられている運用資金枠は?
それを元に月間で100万円は年率何%のリターンを上げれば稼げる?

おそらく相当ムチャなリスクを取らなければ、その数字は稼げないはずだ。
だとしたら、一定のリターンでいいから、しっかりと収益を上げていきながら、一日も早く運用資金枠自体を増やしてもらわないといけないはずだ。
それを考えたら、若手の頃なんていつも「枠が足りない」と感じるぐらいでちょうどいい。

ディーリング部長やっていて、「枠をくれ」と言われまくるのは、有限の全体の枠の中でのやりくりという意味では悩ましいものではあるけれど、「より稼ぎたい」という成長への意欲をぶつけられているという意味で、実は「幸せ」なものだ。

「攻める姿勢」
勝ち負けのある世界では常に求められる。
リスクに対して、慎重であることや、怖いと思うことは間違いじゃない。
でも攻める姿勢、貪欲さ、成長への渇望…苦しくてもそれを貫く強さがないと、そこにたどり着くことは出来ないだろう。

しかも与えられた目標額なんて目標にしてちゃ話にならない。
そんなものはクビにならない最低ラインの数値でしかない。あくまでもあなた達にとっては「通過点」に過ぎないはずだ。
何のためにリスクを取り、給料下がってまでその道を選んだのか?

その仕事に就くのが目標?
その仕事で生き残るのが目標?
その仕事で大きな成功を収めるのが目標?

自分としては、あえてこんなに厳しい世界に挑戦するなら「大きな成功」が目標であって欲しい。
それなりの成功であったとしても、年収数億円だって夢ではない世界なのだから。

今一度自問自答して欲しい。
本当に今のままの姿勢でいいのか?
一年経っても、二年経っても、たいして変わらない自分がそこにいたら、きっともう席はなくなる。
それが見えてきた途端、慌ててリスクを取って丁半博打したところでうまくはいかない。

勝負の世界で勝負に出られなきゃ話にならない。
攻め続けなければ成長はない世界。
強い気持ちを持って、自分の未来を切り拓くために貪欲さを持っていて欲しい。

もう一度言う。
時間には限りがあるのだということを理解し、一日一日を無駄にせず、自分の未来のために貪欲であって欲しい。

会社もあなたの先輩たちも、あなたの失敗を望んでいる人なんて一人もいない。
ただその成功を願って応援してくれている。
チャンスを与え、そのサポートやアドバイスはしてくれるかもしれない。
でも道を切り拓くのは、あくまでも自分自身だということは忘れないで欲しい。

【雑感】投資の日…で、悪しからず(^^;

10月4日で「投資の日」。
今日はCNBC見ていても、知り合いが沢山出ていてちょっと面白かったです。

東京出張時、そしてシンガポールに帰ってきてからも、色んな方からお誘いいただき飲みが続いていましたが、昨晩は久し振りに家でのんびり過ごしました。

それなりに長いことマーケットにどっぷり浸かった仕事をしてきた自分でも、こちらの世界(ヘッジファンド業界)に来て、改めてお会いする方々は新鮮で、学びになることも沢山あります。

「すげー人はどこにでもいんなぁ。」

と常々思ってきましたが、改めてそれを痛感する毎日です。
いい年こいた自分ではありますが、この年になっても学ぶことが尽きないこの世界って、やっぱり大好きです。

で…
大変申し訳ないのですが、誰かを誹謗中傷する目的でコメントを求めてきたり、ネガティブな話を振ってこられる方がたまにいらっしゃいます。
そういう場合は、即ブロックさせていただくようにしています。

自分は、若い運用者が夢を持って運用の仕事にチャレンジし、その可能性を高めていける場所を作りたいという思いで、この何年も取り組んできました。
前向きなことや、学びになること、建設的な話であればいくらでも議論しますし、異なる意見も聞きたいと思います。

初心者の方や、まだ投資や運用を始めて間もない人に、あまり間違った方向にいって欲しくないという思いはあるので、「これは違うだろ」と思うとつい書いたりしちゃってますけど、ちゃんと何かを伝えようとしている方は応援したいと思っています。
マーケットが大好きな者同士、高め合うような話なら喜んでリプもします。

ただ基本的にネガティブな話に関わる気にはならないですし、前向きにやるべきことがいくらでもある中で、そんな話には関わりたくもありません。
こっちもブロックしたりしたくはないので、つまらん話を振らないでくださいね。
ブロックされて気を悪くされた方もいらっしゃるかもしれませんが悪しからず(^^;


【トレード】運用手法(アプローチ)を変えることの意味

若くまだ経験の浅い運用者。
知識も経験も少ない中で

「こうなりたい」
「こういうトレードがしたい」

と考える。
でも実際にトレードを始めてみると思うようにいかないことばかり。
そして当初想像していたものと全然違う現実に直面することもあるだろう。

ファンダメンタルズ、テクニカル、バリュー、グロース、個別株式、派生商品…etc。
選択肢はいくつもあるのだから、知識や経験を重ねていく中で道を変えることも間違いではない。
自分自身もオプションディーラーから始まって、アービトラージもやったし、個別株式のアウトライトや、ロングショート、テクニカルベースのシステム・トレード、様々なアプローチに取り組んだ経験がある。最後は先物のアウトライトでバタバタやってたイメージだけどw
マーケットが様々な変化をしていく中で、それに適応していけるだけの手段を持つことは決して悪いことじゃない。

ただ気をつけて欲しいことがある。
どのアプローチに取り組むにしても、ただうまくいかないから変えるというだけの発想ではいけない。
同じようなアプローチでうまくいっている人もいるはずだ。
「なぜうまくいかないのか?」
その検証と分析が出来ていれば、恐らく改善も出来るだろうしね。
特に最初の頃なんて、修正すべき点だらけのはず。

根本的なところに問題があったまま、目先のやり方変えたところできっと思うように効果は得られない。
一つ一つのトレードを振り返り、何をどう考えてそうトレードしたのか?
何をどう見て、どう考えればもっといいトレードが出来たのか?
そこをしっかり向き合う地道な努力の繰り返しでしか成長はできない。
一年間通して、その日一日の自分の判断に100点満点あげられる日なんてそうはない。
必ず「あのときこう判断していれば、これを見ていれば、もっと取れた、損失を回避できた」という反省点があるはず。
その反省を繰り返すことでしか改善されない。

トレードという作業は、相場と向き合う以上に、自分自身と向き合うことが求められる。
どんなに高い分析力を持っていても、リスクを取った瞬間に冷静な判断力を失う人もいる。
日々変化するマーケットに混乱し、判断を誤ることもある。
落ち着いて、冷静に判断できる引け後に、一つひとつをしっかりと振り返るプロセスはとても大事なもの。
その積み重ねがその瞬間に「あのとき」を思い出させてくれて、過去とは違う判断を下せるようになる。

色んな手法やアプローチを試すことは悪いことじゃない。
でも自分のトレードが何を取りにいっているのかが分からなくならないようにすること。
ファンダメンタルズで判断してポジションを取った。
その企業の変化や成長を取りにいっているのに、テクニカルをベースに安易に下りてしまった。
その後、株価が上がってしまって、「自分が下りた水準より高い株価で買いたくない」と感じて、その変化や成長を取りきれなかった。

一つ一つのポジション・テイクには根拠があるはず。
エントリーとエグジットの根拠をしっかりとマッチさせること。
入った理由と出た理由が異なるのが一番まずい。
あれもこれもと欲張ると、結果として客観的にみると「あなたの運用は何を取りにいこうとしているのかが見えない」と言われる運用になってしまう。

企業の変化や成長も取りたい。
相場の波も取りたい。

それを本当に整理して、しっかりとそれぞれのポジションをコントロールしきれるのならそれでもいい。
でもそれってすごく難しいこと。


自分もオプションのストラテジーでマンスリーベースのリターンを取りにいくようなポジションを持ちながら、先物と個別株式のアウトライトやりながら、若干だけどロングショートもやっていたことがある。

そのときの自分のデスクがこんな感じw
昔のデスク

今のように高解像度のモニターもなかったし、液晶ですら一部しかなかった時代だけど、周囲の人から「こんなにモニターあって全部見きれるの?」とよく聞かれたものだった。
プログラム書いて、システム的な判断も出来るようにしたり、当時のソリューションの中ではそれなりに色んな効率化に取り組んでもこの状態だった。

90年代はオプションから始まって派生商品中心で取り組んでいた。
でも98年辺りからは個別株式も積極的にやるようになった。
先物だけ(特に日経平均先物)のトレードだけにこだわっていたら、ITバブルは乗れなかった。
その後、ITバブルが崩壊して、株価が低迷し、空売り規制などが入るようになってから、再度先物中心にシフトした。アップティック・ルールとか、空売りに対する規制が強化されたことで、下がると思ったときに売れない個別株式よりも、先物中心に戻した方が短期トレードにおいては効率的だと判断したからだ。

様々な商品やアプローチに取り組んだこと。それが時代の変化に適応し、自分がそれなりに長い期間現役でいられた一つの理由ではあるかもしれない。
そうやって自分の運用の幅を広げるために取り組んでいたものではあるけれど、オプションのストラテジーと先物のアウトライトとかは結構相反するトレードをしなければならないことも多かったし、ロングショートで売っていた銘柄を日計りでは買いたいと思う時もある。
それをコントロールしきって、適切に一つ一つのトレードを完結させることって至難の業だ。
それをやりきるにはシステム的な補助なんかも必要になるかもしれない(メンタルに左右されない機械的な判断)。

結局、自分の場合、最終的には自らが最も得意とする手法に集中するようになっていったし、他のアプローチは他に得意とする人がやればいいと割り切るようになっていった。

今はすぐに数字が思うように伸びなかったとしても、
「こういう根拠、こういうアプローチで取りにいっていて、現在の相場がこうだから今はこうなっている。でも今後の相場見通しはこうだから、これを続ける。」
でもいいし、
「自分は将来これを目指したいから、これを続ける。」
でもいい。
まず一つ一つのアプローチを自分が納得できるまでしっかりと極めて欲しい。
一番いけないのは、一つのアプローチを自分なりに突き詰め切れていない中で、安易にアレもコレも取りにいって、結果として何を取りにいっているのか分からないような運用で終わってしまうこと。

同じアプローチでうまくいっている人もいるはずだ。
その人と自分の何が違うのか、自分がこう考えたときにその人はなぜそう考えることができたのか?
異なるアプローチに手を出す前に、それをもっと突き詰めてみて欲しい。
それをモノにしてからでも、異なるアプローチに挑戦するのは遅くはないと思う。
もちろん色んなアプローチを触ってみてから、自分の道を決めるというのはアリだと思うけれど。
ディーリングという場所に居られる大きなメリットの一つ。
他の運用者と身近に接し、そういった人たちと意見を交わし、学ぶことが出来る。
それを活用して欲しいと思う。



【ビジネス】消えゆくディーリング業界

Twitterでも流れてきたので…


また一社ディーリング部門閉鎖とのこと。

非常にディーリングが強かった会社だった。

S氏がいたK証券。

U氏や自分がいたA証券。

それ以外にも多くの証券会社でディーリング部門が閉鎖されてきた。

そしてまた一社、強いと言われていた組織が消えていく。

3年後にどれだけの会社でディーリング部門が残っているのだろうか。

もう二桁の人数のディーラーがいる会社は数えるほどしかない。


いよいよ「未経験者が運用の仕事にチャレンジ出来る場所」がなくなっていく。

なんとかしたいんだけど、出来ることには余りにも限りがあるなぁ。


稼げていない運用者

損益のブレが余りに大きい割にリターンが低すぎる運用者

他人のお金だからリスクを取れる

他人のお金だから損してもいい

過去に稼いだ範囲で負けているだけなんだから問題ない(その主張は成功報酬や全てのコストを控除してなお利益が残っていて初めて言える話)


そんな身勝手な主張をして不満を言う。

そんな主張が通るのは自分のお金でやればこそ。

他人のお金や投資家のお金を預かって運用する以上、それに見合うだけの責任感とプライドを持っていて欲しい。


世界的に見ても異常な成功報酬水準が、業界の構造を破壊してしまった。

全員が儲かるような分かりやすい相場でない限り、リターンを残せないディーリング部門。

経営からみれば、リスクとリターンが見合わないと判断されてもおかしくはない。


全てのコストを控除しても利益が残る。


これが他人のお金を預かって運用する仕事で最低限求められるもの。

これまでもらった報酬や、自分にかかっているコストを全て控除したときに、どれだけの利益が会社に残っているのか。

それがない状態で不満ばかりをぶつけているようではどうにもならない。

そういった人材を残し続ければ、組織が弱体化して、いずれその組織は消えていってしまう。

せめて、それだけ恵まれた環境でリスクを与えてもらっていることを自覚して、プロの運用者として胸を張れるようにあって欲しい。


マネジメントの立場に立てば、出来ることなら一人残らず守ってやりたいし、残してやりたい。

でも組織の負担にしかならない人材を守り続ければ、結果として組織を壊してしまい、結果を出して頑張っている人材まで巻き込んで終わることにもなりかねない。


長年、ディーラーとしてやってきて

ディーリング部長としてマネジメントの立場も経験してきて

色んな思いがある。


自分にとっては一人一人が大切な後輩だし、彼らには前向きに夢を持ってこの仕事に取組み、幸せになって欲しい。

でも、みんなの意識が変わっていかないと、いずれやれる場所は一つもなくなってしまうだろうから。

マネジメントの意識。

ディーラー達の意識。

その両方が変わってこそ未来は拓ける。


個人としてやれるだけの資産を残していればいいけれど、40歳、50歳になってから、突然ディーリング部門がなくなり、行く場所がなくなり(おそらくはどの証券会社でも拾ってくれるところはなくなる)、スキルも経験も限られていたら、その先とても辛いことになる。


今まだディーラーとして、その場所に立っていられることはおそらくとても幸運なことだ。

でもその場所から周囲を見渡したとき、その危うさを自覚できていないと、いつか辛い思いをすることになる。

ディーラー一人ひとりにも、組織を守るために何が必要なのか考えてみて欲しい。

それが自分の未来を守ることにもなるだろう。


厳しい言い方になるけど、ファンド・ビジネスの世界に出てみれば、ディーリングの世界がどれだけ甘い環境なのかは思い知ることも出来る。

ファンドでのリターンは全てのコスト(成功報酬を含む)を控除したうえでのネット・リターンで見られる。

地場のディーリングは収益額が重視されがちで、利回りを見ているところは少ない(自分がディーリング部長になって導入はしたけれど、その利回りも所詮はグロス・リターン)。

利益が残らないと判断されれば、そのヘッジファンドは問答無用で解約されるだけのこと。

雇用がどうの、もっとやらせてくれとゴネられること自体がかなり恵まれた話でもある。


「他人(投資家)に信頼を与えられてこその運用者」

プロとしての自覚と誇りを持って頑張って欲しいなと願う。

そしてその場所をこれからも守って育てて欲しいと願う。

自分もそのために全力で出来ることはしていこうと思う。

プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR