FC2ブログ

【トレード】来週の相場

NYダウはようやく?大幅安。
 

 日経平均先物はだいぶ厳しい…。
 

来週が追い証増加で、投げ本番になるのかな。
こういうときに楽観は禁物。
短期的に市場参加者が余裕を失い、悲観に染まり、感情的な下落が生じた時にようやく相場はコツンと底を打つ。 

直近の下落は、一部のCTAなどと思われる大量の先物売りなどが背景になっていて、多くの投資家はそこまでヤバくはならないだろう、米国株強いし、という声が多く聞こえた。
中国とは物理的に距離もある米国の楽観的な動きもあったし。

「大丈夫だろう」
と多くの市場参加者が思えている間は、本当の底はなかなかつけてくれない。 
繰り返しになるが、市場参加者の多くが冷静さを失ったとき、たいてい相場は(短期的には)底を打つ。

最悪を想定し、それが顕在化しても対応できるように備える。
リスクとの向き合い方では大事なことだ。
「大丈夫だろう」
で、それが顕在化したときに終わってしまうようなリスクの取り方では、相場の世界で長く生き残ることは難しい。
「かもしれない」で、備えはしておく。そうなったときに致命的な傷を負わないようにはしておかなければいけない。

SARSのときと比較して「大丈夫」という楽観をする人も少なくないが、そのときとは中国の経済規模も渡航者数も前提条件が全く異なっている。
SARSと今回の新型コロナウイルスの特性の違いもあるだろう(医療関係者で専門的な知識を元に言っているならともかく、そうでないのに同列には扱わない方がいい。致死率は確かにSARSより低いが、それだからこそ…のリスクもあるはず)。

中国以外の国での蔓延を防ぐことが出来るかどうかがとても重要だろう。
中国では、武漢以外の都市も悪化の一途をたどっている。
各国がしっかりと対策を講じ、それが効果をもってくれればいい。
新型コロナウイルス拡大が世界に広まらないことを心から願う。

そして一日も早くワクチンが開発され、量産され、治療法が確立されることを願う。
そうなれば、いずれはちょっと怖いインフルエンザ、麻疹や風疹のような存在へとなってはいくのだろう。
恐らくここまで広がると撲滅は容易じゃない気はするけれど、まだ時間はかかるだろうが、医学の力を信じたい。
それまでは感染予防、従業員とその家族、ビジネスの継続性を守れるよう対策を徹底していく。

【雑感】新型コロナウイルスについて

ここしばらく関連のニュースを出来るだけフォローしている。
パニックになる必要もないが、その危険性は十分に理解し、最悪の場合に備えておく必要があると思うから。

米国でのインフルエンザの死者数が8200人にも上っているという記事があった。
感染者数は1500万人にも上るそうだ。
その記事がどれだけ正しいデータに基づいているかは分からないけれど、インフルエンザも十分に怖い。

「死者数がインフルエンザよりも少ないから、新型コロナウイルスはそんなに怖がることはない」
「SARS・MERSよりも致死率が低いから、新型コロナウイルスはそんなに怖がることはない」

安心させるためなのか、パニックを起こさず、冷静に対処させるためなのか、そういうコメントも多くみかける。

ただWSJの記事によれば、今回の新型コロナウイルスは、一部のインフルエンザよりも感染力は高いそうだ。

「感染者は平均2.6人にウイルスをうつしている。世界保健機関(WHO)は先週、初期の兆候として、これが1.4~2.5人だと発表している。この率は一部のインフルエンザウイルスより高い」

https://jp.wsj.com/articles/SB11948372840409943605404586169482274493352?fbclid=IwAR2VqNi3VmkTrOHy1OpBXg487BzLdp-vml8jDTzw-Vzce08sf94gGJG_m20

そして2%とも3%とも言われている致死率は、インフルエンザの致死率よりもはるかに高い。
SARS・MARS並みに感染拡大を抑制できるなら、確かにそれほど心配することない…のかもしれないが、インフルエンザ並に感染が拡大してしまったら、死者数はその比では済まなくなる。

大事なことは、感染拡大をどこまで抑え込めるか。
各国も後手に回っている印象もあるが、危機感を持って対応を進め始めてはいる。
まずはその対応状況と、感染拡大の推移をしっかりとモニターして、国民や市民、従業員や家族をどう守るかを考えることが大事だろう。

マネジメントを預かる立場にある者として、従業員の安全・安心、業務の継続性を確保すること、顧客にきちんと対応していると説明できるだけの体制を構築することは、当然の「責任」なのだから。

ある程度、健康で抵抗力のある人は、軽微な症状で済むかもしれない。
でもその人が、自分は大丈夫だからとウイルスをまき散らせば、抵抗力の弱い方の命に関わることにつながる。
必要以上に怖がる必要もない。けれど人口の規模で東京に匹敵する都市が封鎖されたという現実は直視しておくべきだろう。
それを世界各国に広げることがないように、見えない敵(ウイルス)の侵入を許さないように、それをまき散らさないように、国・企業・組織・個人が強い意志を持って対応することが必要だ。

「法的根拠がない」「そういう規定がない」
そりゃそうだろう。パンデミック・リスクを想定して、そのルール自体は作られていないのだから。
非常時に、平時の規定を根拠にしか動けず、判断ができないのならば、危機対応なんて出来はしない。

こういうときこそ「大丈夫だろう」ではなく、大変な事態になるシナリオも頭に入れたうえで、様々な備えをしておくことが大切だ。

【雑感】新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルスについての留意点。

・感染力はSARSより高そうだが、致死率は低い。
・SARS流行時に比べて、中国人環境客は世界的に大幅に増加している。
・感染情報はSARSのときに比べれば積極的に開示されている(ただし、実際の数字は公表を大幅に上回るとの見方も)。
・(中国人の大移動が予想される)春節を迎えるタイミングでの発生
・武漢(1100万人)、それ以外にも複数都市が都市封鎖に追い込まれている。1000人未満の感染者で1100万人都市を封鎖するって事実自体が、実数はもっと多いのではないかという不安も感じてしまう。

こんなところかな。
情報が早めに開示されていることもあって、諸外国は対策を検討し、行動に移してはいるので、世界的な広がりは抑制できる可能性もある。
ただ感染力の高さ、春節の時期や中国人観光客が激増していることから、防ぎきれるかどうか。
まずは春節と、その後の推移を見極めたいところ。

なんか日々、患者数と死亡者数が公表されているのに、時系列での推移を追えるものがなかったので自分で簡単に抜き出してまとめただけなんだけど、大事なことは時系列での推移を把握し、拡大のペースや鎮静化の動きを把握すること。
明確な根拠もなく、大丈夫だろうという憶測も、雰囲気に流されてのパニックも禁物。
情報を把握し、フェイクニュースには振り回されないようにしつつ、冷静かつ客観的に。

【トレード】運用者としての道と挫折

この世界に夢を持ってくれる若手。
この道で生きていきたいという志を持った人材。

自分にとっては本当に大事な存在だし、業界にとっても「宝」といっていい。
ぜひその夢を叶えて欲しいと思う。

でも…その多くが道半ばで挫折することになる。
それも現実だ。

一人でも多くの運用者が育ち、成長し、成功できるようにしてやりたいと思う。
採用すれば、一人残らずなんとかしてやりたいと思う。

でもこの世界はそんなに甘くはない。

個人投資家、ディーラー、トレーダー、ファンドマネージャー、クオンツ、HFT(サイエンティストやプロフェッサーなんて肩書の人も多い)…etc。
無数の人たちがこの市場の中でせめぎ合い、戦い、収益を上げようと切磋琢磨している。
その中で生き残り、勝ち残れる強さを身につけるのは容易なことではない。

常に変化し続けるマーケットと向き合い、リスクと向き合い続ける仕事。
あなた達が「すごい」と憧れたような人たちは、きっと水面下では必死に足掻いている。
知らないことをそのままにせず、徹底的に調べたり、勉強したりするのは当たり前。
真摯に、ストイックにマーケットと向き合っているはずだ。

経験も知識も足りない若手が、そんな姿勢も、最低限の努力すらも出来ていなければ、道は開けるものも開けなくなる。
「努力しろ」「勉強しろ」と言われないと出来ないようでは話にならない。
全ては「自分のために」する勉強であり、努力。
そんなものは、やらされるものではなく、自分で必要と判断して稼げるようになるために勝手にやるもんだから。
ただ経験も知識も少ない時期に、その方向性が間違っているともったいないことにもなるから、指導をしてくれる先輩がいた方がよかったりもする。

長いこと未経験者の育成と携わってきてなんとなく感じること。
新卒が成功する確率がなかなか難しい…。
あんまりレッテル貼りたくないけど、学生気分が抜けていないからか、「やらされる」姿勢で取り組む人が多い印象がある。
年収が下がってでもチャンスを欲しいと取り組んできた中途採用組は、相対的には必死にやる印象がある。結果として、成功する確率も高いように思う。

常に結果が求められるこの仕事。
専業であれば、一定の収益を上げ続けなければ生活を維持できなくなる。
ディーラーであれば、毎月・毎年収益を上げ続けなければクビになる。
ファンドマネージャーなら、毎年一定の収益を上げていかないと投資家に解約されてしまう。

無数の人たちがしのぎを削っているこのマーケットで、「勝ち組」に回りたい?
それってすごく大変なこと。

まずは自分の小ささ、非力さ、無力さ、怖さを知ることだろう。
多くの賢人が言う。
「自分は度々間違いをおかす」
凡人である我々が「間違いをおかさない」わけがない。

だからこそ多くのことを知り、学ぼうとする。
少しでも理解できるようになろうとする。

マーケットなんて、結局ワケ分かんないのが当たり前。
でもなぜそう動いたのか、自分なりに納得できる理由を探し求め続ける。
ファンダメンタルズであれ、需給であれ、ニュースであれ、要因は様々な場所にある。

「今日は下がると思っていたのに上がった。」
そんなのはしょっちゅうだろう。
ならなんで想定と異なる動きになったのか?
それを調べたり、その日をうまく乗り切った人たちに聞いて回るなりしながら、少しでも自分が見落としていたものを見つける努力をし続ける。

自分が以前出演したラジオでお話したこと。
朝起きて、その日のシナリオを組み立て、会社に来てからは間違い探し。
そう、間違えていい。
大事なことは間違いにいち早く気がつき、対処し、損失を回避し、さらには収益にすら結び付けられればいいのだから。
ストラテジストやアナリスト、コメンテーターと、リアルマネーでリスクを取る人の決定的な違いだ。

「自分が下がると思っていた。」
その時点で、自分と同じような人は沢山いるはずだ。
市場参加者の投資行動や状況などの需給だって、違和感のあるマーケットの背景には存在している。
もう少し下がるはずなのに下がらない(背景には日銀のETF買いがあったり)。
妙にブレが大きい(CTAが暴れていたり)。

「何かおかしい」
と感じられることは武器にもなる。
でもそれを感じられるのは、真摯にマーケットと向き合い、思考し、シナリオを持てている人だからこそ。

大事なのは思考し続けること。
その思考プロセスにこそ価値がある。

よくあるのが、答えを知りたがる人。
上がる銘柄教えてもらう=教えてくれる人は責任を取ってはくれないし、その情報源がなくなれば収益は上げられなくなる。

稼いでいる人と会話することにすごく価値があるのは、その人が何を見て、それをどう評価し、判断しているのか、その思考プロセスを伺い知ることが出来ることにこそある。

答えの丸暗記。
テストで点取るためなら、それでも通用するだろう。
でも常に変化し続けるマーケットという世界で、それは通用しない。
思考プロセスをどう磨き、さらにはマーケットの変化に合わせて、その思考プロセスすら修正を加えていかなければならないこともある。

テクニカルを使って、そのシグナル通りにやれば儲かる?
そんな甘いもんじゃない。
自分も若手の頃(90年代w)、それなりにテクニカル分析は研究した。
1700銘柄ぐらいの過去数年分のデータを取得して、プログラム書いてバックテストしたり、パラメータ色々と修正しながらシミュレーションして最適化してみたり、複数のもの組み合わせたり…etc。
そういった知識や経験をもとに冊子を出させていただいたこともある。
でもね…それぞれのテクニカルの長所・短所、優位性や問題点などは見えてはきたけれど、自分にとってはツールの域を出ることはなかった。
ファンダメンタルズや需給、様々なものをしっかりとカバーしつつ、売買のタイミングを計るという道具として使っていた。

企業分析でもそう。
分析力を磨く。その道は非常に多くの人が取り組んでもいる。沢山の人が同じものを見て、「いい」「悪い」を判断している。そこに自分の優位性・アルファを見出すことはできるのか?

無数の人たちが、それぞれに取り組んでいる中で、自分の小ささを自覚したうえで、過信ではなく、自信を持てるレベルまで何かを高めるって、そんなに簡単なことじゃない。

そしてそこまで頑張っても、相場はその通りには動いてはくれない。
なぜ想定とは違う動きになったのか?
見落としていた需給や、様々な要因にも目をやり、思考を修正していかなければならない。

もっと深く掘り下げれば、それなりのものが見つかるのかもしれない。
でも教科書に書いてある程度のことで、簡単にうまくいくなら苦労はしない。
どういったアプローチをするにせよ、徹底的に掘り下げて、自分なりに納得できるだけのものにしなければ、自信を持って使える道具にすらならないだろう。マーケットというリスクだらけの世界の中では、付け焼刃では使い物にならない。

そんな世界で勝ち残りたいと思っているのなら、限られた時間の中で懸命に取り組んで欲しいと思う。
自分の未来や可能性に、誰よりも貪欲であって欲しい。
そして結果がどうあれ、悔いだけは残さないで欲しいと思う。

その道を閉ざされてしまった人。
挫折し、悔しい思いもあると思う。
でも運用の世界でうまくいかなかったからといって、全てが否定されるわけじゃない。

そこで目標に向かって取り組んだプロセスの中で、何かを学び、それを糧にして、自分が生きていくための道を見つけて欲しい。

「お金をもらう(給料・報酬・売上)」
ということは、誰かの役にたっているからこそ正当化される。
自分が社会や会社、組織の中で必要とされる人材になれるかどうか?

自分もある意味同じだ。
かつて稼いだことはあるかもしれないが、それなりの年齢にもなり、ピークをとうに過ぎ、自分自身でも納得できるだけの収益もあげられなくなった自分が中途半端に運用にしがみつくことよりも、より多くの人に役に立てる道は何か?を考えたからこそ、現在の選択がある。
胸を張って、責任感も持って、今の役割を果たそうとしているし、そこに現役時代以上のやりがいを感じてもいる。

つい先日、後輩から「マーケット大好きなのに、現役に戻りたいとか思わないんですか?」と問われた。投資家さんからも結構聞かれる質問だ。
自分の答えは「もっと面白いものがあるから。」
後輩「なんですか?」
自分「お前らだよ。」

過去、懸命にマーケットと向き合ってきた自分にも負けないぐらい、現在の自分が向き合っていることに誇りを持てている。

道が閉ざされた人。
自ら違う道を選んだ人。
一つの挫折ではあるのかもしれない。
でも胸を張って、自分の未来とその可能性と向き合っていってほしいと願う。

【ビジネス】いい一年にしよう

苦労が絶えなかった40代を生き、50代に入り、もうすぐ一年が過ぎようとしている。

「いい年の重ね方をしたい」

自分がずっと思っていること。

どんなに声が大きくとも
どんなに口が達者でも

上辺ばかりを取り繕った生き方ではそれは出来ない。

年を重ねていくと、どうしても自分が背負うべきものは増えていく。
自分自身から、家族、そして会社という組織の中で背負うべきもの。

生涯いちプレーヤー、スタッフとしていく道もあるかもしれないが、いずれは部下が出来て、人を育てることも、部門や会社そのものを背負うことも必要になるかもしれない。

業界や、社会における責任も大きくなっていく。

そこには従業員やその家族の生活があり、未来がある。
背負うべきものが増えていくということは、独り善がりな生き方ではいけないということだ。

そこへの適応ができないまま、独り善がりな生き方をしていると、いずれ居場所は失われていく。
それを考えるべき世代、年齢に差し掛かっている人達には一度考えてみて欲しい。


学生時代に落ちこぼれだった自分が、このマーケットという世界に出会い、あまりの面白さ・難しさに夢中になり、必死に足掻きながら成長していくことが出来た。

夢や目標を描くことが出来たのは、この世界に出会えたから。

今度は、その世界が大好きで、夢を描こうとしている後輩たちにそれを描けるような舞台を作ってあげる番だと思っている。

ビジネスモデルが崩壊し、変化していくマーケットに適応することも出来ないまま、消えゆく存在になりつつあった地場証券のディーリング。
その立て直しと、「変化」が出来る環境作り。
そしてその先の未来を創り、地場証券ディーリングの存在価値も創造していく。

10年以上も前から必要だと思っていたこと。
やらなければならないと思っていたこと。

それは後輩たちの為でもあるけれど、彼らが成長し、飛躍していくことが、会社、そして業界にも資することになる。

これまでも何人もが挑戦し、何人もが消えていった。
これからもそうだろう。
生き残ること、勝ち残ることすら難しい世界なのだから。

個人、ディーラー、トレーダー、ファンドマネージャー…。
市場に参加している無数の人達が、それぞれのやり方で必死にマーケットと向き合っている。
その中で勝ち続けるということの難しさ。
中途半端な努力では、その可能性を最大化することは難しいだろう。

努力の方向性を間違えていたりしても意味がないし、そういった面で経験も知識も不足している若手がどれだけ適切な判断を下せるかどうかも微妙なところだ。
尊敬できる先輩を早く見つけて、適切なアドバイスをもらえる関係を作ることも大事だろう。

簡単にやり方変えたり、投げ出すのが妙に早い人も少なくない。
本当にそれをトコトン突き詰めて学び、向き合ったのか?
同じやり方でうまくいっている人がいるのに、手法のせいにして違うやり方を選ぶ?
相場の世界において、うまくいかないのは全て自分のせい。
そこをしっかり向き合えていない人は、結果が全ての世界で、結果が出せずにずるずると時間だけが過ぎていく。

その厳しさを乗り越えた者だけが辿り着ける世界がある。
そこを勝ち抜いてきた人材だからこそ、価値を見出してもらえもする。

お互いに、自分の今いる場所で、やるべきことを全力でやっていこう。
プロフィール

tetsu219

Author:tetsu219
元証券ディーラーです。
二十数年ディーラーやって、シンガポールにも一時期行ってヘッジファンドを立ち上げてみたりと色々やってきて、とある証券会社でディーリング部長になり、今はシンガポールでヘッジファンドの設立・経営をやっています。

基本仕事ネタです。
更新は気が向いたときだけ(^^;
でもこのブログを通じて運用を志す若い世代の人たちに何か伝えられること、その一助になればと思っています。

初期は限定記事にしていましたが、今は開き直って全部公開にしてますのでお気軽に(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR